« カツだけじゃない横流し      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮が打ち上げるもの      ~ゆうてもええかな~ »

2016年1月30日 (土)

日銀マイナス金利の効果      ~ゆうてもええかな~

 日銀は29日、2月中旬以降新たに金融機関から預け入れられる当座預金の金利を、0.1%からマイナス0.1%にすると発表した。金融機関は日銀に預金すると、手数料を払うことになる。
 EUではすでに導入しているが、日本でマイナス金利は初めて。背景には今までの金融緩和策で期待した効果が出ていないことがある。
 日銀はデフレ脱却を目指し、緩やかなインフレに誘導する対策を取ってきた。国債の買い入れなどで、市場にお金を流通させたが、金融機関の貸し出しが増えず、当座預金という形で日銀に戻っている。その資金を金融機関が貸し出しに回すことを促す目的で、マイナス金利の導入を決めた。
 年明けの金融市場の乱高下、原油安による物価上昇率の低下が見られ、資金を市場に投入する方策の限界を感じているとの指摘がある。投入した資金を貸し出しに回すには、企業や個人向けローンの金利を下げて借りやすい環境を作ることになる。設備投資や住宅などの購入を後押しできれば、市場に資金が流れ、日銀が目標とする年2%の物価上昇率に誘導できると目論んでいる。
 実際はどうだろう。企業の設備投資は上昇傾向だが、国内消費も輸出も相応に伸びているとは言えず、円安での差益が大きい。中国向け輸出が厳しい状態で、設備投資をして製造して、販売量が伸びずに停滞しているのが現状ではないか。
 仮に貸出金利が下がったとして、企業の借り入れ意欲が上向かなければ借り手が無いわけで、資金が市場に流れることにつながらない。マイナス金利は一つの策だが、経済成長が無ければ、解決にはならないだろうと思うが、どうか。

                         (仲)

                          戻る

« カツだけじゃない横流し      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮が打ち上げるもの      ~ゆうてもええかな~ »