« 大阪ダブル選投開票前夜      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ノーベル賞授賞式      ~ゆうてもええかな~ »

2015年11月28日 (土)

民泊は必要だけど      ~ゆうてもええかな~

 海外からの観光客誘致を政府が成長戦略としてあげている。しかし海外からの滞在客は、ホテルを好むとは限らないし、地域によっては部屋数が足りていない。大阪ではアジアからの滞在客で慢性的なホテル不足で、ホテルが予約できないと嘆く出張族を大勢見てきた。東京でも同様だろう。
 そこで、政府は『民泊』を認める方向に向かった。ホテル、旅館、民宿とも異なり、一般の家屋で部屋を提供する。もちろん、宿泊費は安くできる。
 ただ、一般家屋でも、宿泊費を取るなら旅館業法に従い営業許可が必要になる。勝手に宿泊させて金を取ってはいけない。金を取らないなら、今のところは許可は要らないようだけど、客と貸し主、近隣住民とのトラブルを考慮し、ルール作りをするための有識者会合が開かれた。
 好意で、あるいは紹介されて宿泊させる程度なら差し支えないのだろうが、入れ替わり立ち替わり旅行客が出入りするなら、トラブルが事件にならなると良くないし、不慮の事故で誰かが死傷したり、火災予防などの対処をするには、宿泊させる側に相応の知識と対応力が無ければいけない。
 逆に言えば、ゲストを迎える対応に長けたホストがいるなら、建物の形式は問わず、許可ではなく登録制にして受け入れる形式があって良いと思う。
 民家ならではのおもてなしも、海外からの観光客のニーズに合致するだろう。日本のセールスポイントは、安全、清潔、親切だと考えれば、少人数をきめ細やかにもてなす形式は向いている。今後のモデルとして考える必要があろう。

                         (仲)

                          戻る

« 大阪ダブル選投開票前夜      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ノーベル賞授賞式      ~ゆうてもええかな~ »