« 日中韓首脳会談で出る話      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | パリ同時多発テロ      ~ゆうてもええかな~ »

2015年11月 7日 (土)

ロシア機墜落はテロか      ~ゆうてもええかな~

 先月31日、ロシアの旅客機がエジプト東部シナイ半島で墜落した。シナイ半島南部シャルムエルシャイクからサンクトペテルブルクに向かうエアバスA321機で、離陸して20分後に墜落した。乗客乗員合わせて224名が乗っていたが、生存者は確認されていない。
 それが一週間経っても報道が続いているのは、墜落原因の調査が進むにつれ、爆発物が機内で爆発したと見られると報道されているから。調査には、エジプト当局やエアバス機製造元の欧州の関係者が加わっていて、欧州から見解が出され、イギリスはエジプト発着便の運行を一時止めたほか、フランスなどもシナイ半島上空を通らず迂回して飛行しているなどの対応につながっている。ロシアは原因調査中としていたが、エジプト発着便の運行を中止したことで、外部からの攻撃を否定できない方向に傾いていると思われる。
 テロと断定されたわけではないが、中東情勢がより複雑化しているように見える。地上からの攻撃なら無差別テロもあり得るが、航空機に爆発物を持ち込んだなら、ロシア機であることを承知の上で標的にしたことになる。何が狙いだろう。
 軍事的衝突があるところには、必ず軍事力を補う勢力があるはず。武器弾薬が尽きれば戦闘状態は維持できない。国家レベルで支援する、即ち軍需産業の販売先として陰で売りさばくことがあるが、過激派組織は違う。現存国家の軍事拠点や内戦地域を制圧すること、あるいは武器持参で参加させる形で調達するとか。ISはそうだった。
 新たな勢力か、既存勢力の戦線拡大か。とにかく、中東が一段ときな臭くなったようだ。

                          (仲)

                           戻る

« 日中韓首脳会談で出る話      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | パリ同時多発テロ      ~ゆうてもええかな~ »