« マイナンバーはいつ届く      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ロシア機墜落はテロか      ~ゆうてもええかな~ »

2015年10月31日 (土)

日中韓首脳会談で出る話      ~ゆうてもええかな~

 明日11月1日、ソウルで日中韓首脳会談が行われ、その後に日中、翌日に日韓首脳会談が予定されている。
 日中間では、尖閣諸島問題、東シナ海ガス田問題で直接衝突しており、中国は日本の安保法制でクギを刺したいところだ。ただ、直近で重要な案件は、経済と対米関係ではなかろうか。
 今週、米国の駆逐艦が南シナ海の、中国が主権を主張する海域を通過して、緊張が高まっている。滑走路など建築物の工事が後戻りできないところまで進んでいて、それを止めるなら遅すぎる。米国内向けのアピールと中国への牽制という気がするが、力押しの中国が押し返されるのは看過できないだろう。
 中国は韓国にも、日本にも、米国との関係を分断させる策を取ることが考えられる。例えば、日本へはAIIB(アジアインフラ投資銀行)への参加を求めるとか。中国経済が後退局面といわれる今、日本の経済力が欲しいし、日米分断の一手にもなろう。
 韓国はさらに複雑だ。朴政権は教科書国定化で国内の批判を受けている。反日、反共を強調しすぎているとする政権と、民主主義堅持を掲げる反対派が対立した。様々な問題があるが、根底には韓国経済低迷の出口が見えないいらだちもありそうだ。現代、サムスンなど大手企業の業績が落ち込み、外貨準備高が低下している。貿易関係で考えるなら、今からTPPへの参加を表明もあるが、米国貿易圏内に入るのを中国がどう取るか。米中の間で板挟み、日本に近寄ると歴史問題で親日と批判を食らう。
 日中韓の力関係の綱引き、この先どうなるか。一回会談しただけでは進展しないかもしれない。

                         (仲)

                          戻る

« マイナンバーはいつ届く      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ロシア機墜落はテロか      ~ゆうてもええかな~ »