« 安保関連法案可決      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | デフレ脱却、まだ先のこと       ~ゆうてもええかな~ »

2015年9月26日 (土)

フォルクスワーゲンが不正とは      ~ゆうてもええかな~

 フォルクスワーゲン社のディーゼルエンジン車について、排気ガス規制値に不正があったとアメリカ当局が発表した。フォルクスワーゲン社もこれを認めた。
 不正の仕組みはこうだ。ガソリン車でもディーゼル車でもエンジンからの廃棄には窒素酸化物(NOx)が含まれる。ガソリン車は触媒でNOxを分解するが、ディーゼル車では煤、すなわち黒煙が出ないようにするため、酸素過多で完全燃焼させるから、排気ガスにも酸素が多く、ガソリン車と同じ触媒は使えない。他の触媒か、浄化設備を追加する必要がある。
 吸気、燃焼温度、燃料供給や燃焼のタイミングなどは、プログラムで制御されている。完全燃焼させなければ、NOxは減るが燃費が悪くなるし、煤の処理が必要になる。完全燃焼させるように酸素量を多くコントロールすれば、燃費が良くなる代わりにNOxが増える。このプログラムを操作し、試験時にはNOxが減るように、一般走行時はNOxが出ても燃費が良くなるよう、調整していた。ハンドル操作やアクセルの踏み込み具合などで、車自体が試験走行か否かを判断するプログラムが組み込まれていたとされている。
 アメリカ向けのみならず、欧州向けにもこのプログラムが組み込まれ、対象の車は1千万台を越える。フォルクスワーゲン社の経営陣刷新だけでなく、他社も疑われ、週末の自動車銘柄の株価を下げた。
 ドイツ製車両で不正が行われたショックは大きい。NOxを試験時にクリアして、一般走行時はその40倍の量を排出させる車を欧州のメーカーが出荷したことに驚いている。環境保護のための規制を経営のために破るのは、EUの思想にそぐわない。いや、他国がやっていいわけではないけど。

                         (仲)

                          戻る

« 安保関連法案可決      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | デフレ脱却、まだ先のこと       ~ゆうてもええかな~ »