« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月26日 (土)

フォルクスワーゲンが不正とは      ~ゆうてもええかな~

 フォルクスワーゲン社のディーゼルエンジン車について、排気ガス規制値に不正があったとアメリカ当局が発表した。フォルクスワーゲン社もこれを認めた。
 不正の仕組みはこうだ。ガソリン車でもディーゼル車でもエンジンからの廃棄には窒素酸化物(NOx)が含まれる。ガソリン車は触媒でNOxを分解するが、ディーゼル車では煤、すなわち黒煙が出ないようにするため、酸素過多で完全燃焼させるから、排気ガスにも酸素が多く、ガソリン車と同じ触媒は使えない。他の触媒か、浄化設備を追加する必要がある。
 吸気、燃焼温度、燃料供給や燃焼のタイミングなどは、プログラムで制御されている。完全燃焼させなければ、NOxは減るが燃費が悪くなるし、煤の処理が必要になる。完全燃焼させるように酸素量を多くコントロールすれば、燃費が良くなる代わりにNOxが増える。このプログラムを操作し、試験時にはNOxが減るように、一般走行時はNOxが出ても燃費が良くなるよう、調整していた。ハンドル操作やアクセルの踏み込み具合などで、車自体が試験走行か否かを判断するプログラムが組み込まれていたとされている。
 アメリカ向けのみならず、欧州向けにもこのプログラムが組み込まれ、対象の車は1千万台を越える。フォルクスワーゲン社の経営陣刷新だけでなく、他社も疑われ、週末の自動車銘柄の株価を下げた。
 ドイツ製車両で不正が行われたショックは大きい。NOxを試験時にクリアして、一般走行時はその40倍の量を排出させる車を欧州のメーカーが出荷したことに驚いている。環境保護のための規制を経営のために破るのは、EUの思想にそぐわない。いや、他国がやっていいわけではないけど。

                         (仲)

                          戻る

2015年9月19日 (土)

安保関連法案可決      ~ゆうてもええかな~

 19日未明、参議院本会議でいわゆる安全保障関連法案の採決が行われ、与党などの賛成多数で可決、成立した。この法案を安倍内閣が閣議決定して、衆議院に提出したのが5月15日。そこから4ヶ月かけて成立を見たわけだが、その間、国会で論議が尽くされたか、国民の理解が深まったかと考えると、どうなんだろうと思う。
 今国会は、通常国会であり、6月が会期末であったところを、95日間の異例の会期延長をして、関連法案の成立を図った。会期末は今月27日だが、連日の国会前デモを見て、23日までの連休中にデモが広がると、収拾させることが難しく、いわゆる60日間ルールで仮に成立させても内閣支持率は下落するだろうし、避けたいのが自民党の本音。だから18日、延会手続きをして19日未明に採決、というのがギリギリのラインだった。参院特別委員会で強行採決も18日採決に間に合わせるためのものだ。
 正直なところ、憲法の規定と照らし合わせて議論する時間が必要だったように思う。国会の論議を聞いていても、他国からの侵略の場合、海外での活動の場合、戦うのか退くのかを誰がどう統制するのか、自分は理解できていない。法改正して上がりではなく、再度改正の議論をして良いじゃないか。安倍政権は嫌がるだろうが。再来年4月に消費税10%に引き上げを決めたから、支持率が下がりすぎると、政権基盤が傾きかねないから。

                       (仲)

                        戻る

2015年9月12日 (土)

台風の影響で記録的大雨      ~ゆうてもええかな~

 9日に台風18号が愛知県に上陸、東海から北陸地方を北上し、日本海で温帯低気圧に変わった。台風の進路にあたる地域では風雨で被害が出て、関東や東北で雨が降り続いた。その雨が広範囲にわたって降り続き、10日には記録的な大雨になるとして、栃木、茨城、宮城の各県に大雨の特別警報を発表した。各地で川の氾濫が相次ぎ、死者行方不明者が20名以上となる被害を出した。
 被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げる。11日夜に特別警報がすべて解除になった状態で、川の氾濫による浸水があった地域では、いまだに水が引かず、排水がままならない箇所がある。被害の全容が明らかになるのは、まだ時間がかかるだろう。
 時系列で台風18号上陸から書いたが、関東から東北の大雨は、台風の影響ではあるが、本体の雲によるものではない。台風18号に向かって南からの温かく湿った風が入り、そこに日本の東海上にあった台風17号の温かく湿った東風がぶつかった。それが関東上空であって、南北に連なってできた積乱雲に、太平洋から来る温かく湿った気流が水分を持ち込み続けた。それ故、関東から東北にかけての広範囲に大雨を降らせた。
 9月1日が二百十日、11日が二百二十日にあたり、台風に注意する季節に入っていることではあるし、事後に解析することもできるが、五十年に一度と言われる雨がもたらす被害を予測することは難しい。海水の水面温度の上昇が影響しているなら、日本中のどこでも、記録的大雨は起こりうる。風水害が起こった場合の備え、避難場所あるいは建物の上層階での待機といった対応を考えておくのも有効だろう。
 津波対策で、同様のことを考えている地域もあろう。自然災害から身の安全を守るための行動は、共通している部分があるのではないか。

                          (仲)

                           戻る

2015年9月 5日 (土)

ニュースソースの地域性      ~ゆうてもええかな~

 1ヶ月以上更新できなかった。その間に引っ越しをして、引っ越し作業そのものとか、引っ越し後のインターネット接続の手続き、住所変更の手続きなど、なんだかんだで時間を使い、このサイトにアクセスできたのが先週のこと。ようやく、システムは整った。
 ただ、この1ヶ月半くらい、ニュースをまともに見ていない。住む地域が変われば、ニュース番組もそれなりに変わる。受信料を払わないと見られない放送局でも地域性はあるし、民法はさらに強い。新聞の紙面も地域によって変わる。
 ネットのニュースサイトはだいたい全国共通だが、新着記事が多く、直近の2、3日のニュースは分かっても、重要と思うニュースが網羅されているわけではない。重要と思うニュースがあって、その件について検索するのは便利だが、世の中の動きを眺めるには不向きだ。
 そういうわけで、本欄で書こうと思う内容が、まだあやふやな状態で、更新が滞っている。これでも書く内容を自分なりに解釈して、自分の意見を言えるようにした上で書いているつもりだから、ニュースソースから転記するだけですませるのは避けたい。
 ようやく、環境が整ってきたから、来週には再開できるようにしたいと思っている。今日のところは、このあたりで失礼する。まあ、ただの言い訳だけど。

                                         (仲)

                                          戻る

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »