« 中国とギリシャの危うい経済状況      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ニュースソースの地域性      ~ゆうてもええかな~ »

2015年7月19日 (日)

新国立競技場計画白紙撤回の是非      ~ゆうてもええかな~

 1週間がドタバタと過ぎた感じがする。安保法案が強行採決で委員会、衆院可決、又吉氏の芥川賞受賞、他にもあった気がするが、台風11号で吹っ飛ばされた。紀伊半島と高知・徳島で記録的な大雨となったが、今回はその間の紀伊水道を抜けて、兵庫を中心に大雨が降り続いた。金曜、土曜は京阪神の広範囲で鉄道の運行に影響が出て、新聞では、100万人以上に影響が出たとか、乗客が電車や駅で一晩過ごしたとか。
 台風が去って改めて今週の新聞を読み返すと、新国立競技場の計画を白紙撤回した、その一連の話が目についた。
 4年後完成を目指して、国立競技場を建て替える。当初工費を1300億円と想定していたが、資材高騰などで今年見積もりをし直すと、2520億円と、1200億円以上高くなっていた。アーチ状の2本の主柱だけで900億円かかり、デザインを見直さないと工費圧縮はできないとの判断で、デザインからやり直す、白紙撤回となった。政府自民党から高すぎるとの発言が相次いでいたのは、政府が国民の反応を見るためだったのだろう。
 白紙撤回への批判には、あまり共感できない。増える1200億円の財源は税金だろう。それを抑えるよう考えて欲しいと思うし、いったんデザインを採用されたザハ氏には気の毒だが、違約金だか迷惑料だかを支払っても、見直しが妥当だろう。キャンセルで100億円くらいムダになるらしいが、このままだと1000億円以上負担増。どっちがマシだろうか。
 かといって、安倍首相の記者発表も、強行裁決後のタイミングは計算が見えて、なおさら印象が悪い。ケチがついた計画は、さっさと精算してくれ。

                         (仲)

(本欄は筆者都合により、しばらく更新を休止します。8月再開予定です)

                          戻る

« 中国とギリシャの危うい経済状況      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ニュースソースの地域性      ~ゆうてもええかな~ »