« 箱根に限らず天変地異は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 追い込み漁のイルカ入手と倫理      ~ゆうてもええかな~ »

2015年5月16日 (土)

平和安全法制法案は難しい      ~ゆうてもええかな~

 本日は5月16日。大阪市内は、いわゆる大阪都構想の賛否を問う住民投票を明日に控え、両陣営の宣伝カーが走り回っている。賛否両陣営の主張を見聞きすると、真っ向から対立している論点が多く、判断が難しい。でも大阪市以外の人には直接の影響は無いから、全国的に影響のある、難しい話を見てみる。
 安倍内閣は14日、国際平和支援法案と武力攻撃事態法改正案を含む10本の改正法案を一括して、平和安全法制関連の11法案を閣議決定し、15日に国会に提出した。
 首相官邸が平和安全法制と表記しているが、内容は、一言で言えば、難しい。内容を全部把握し理解するのは、自分には困難で、詳細は法案骨子が新聞や政府のどこかのホームページにあるだろうからそちらを見てもらいたい。どこかの、というのも無責任だが、内閣官房・内閣府・外務・財務・防衛省が関与する法案だから、掲載場所を見つけること自体、難しい。
 今まで、いわゆるイラク特措法など、自衛隊派遣のために個々に特措法を国会で通して派遣していたのを、国際平和支援法という恒久法にして、国会承認で自衛隊を派遣できるようにしようとか、集団的自衛権行使を武力攻撃事態法改正案に盛り込むとか、どこに何が書いてあって、自衛隊がどこでどう活動することになるのか、読み解くのが難しい。
 最も難しいのが、憲法九条の規定が上位だから抵触するのかどうか。現実的に隣国の脅威があることは認めるが、改正法案では沖縄近海の事態に対応可能、例えば南シナ海で米軍が紛争当事者となった場合でも対応可能ではないか、というように、個々の事態に政府が判断していくことになろう。憲法改正して合憲としたいのが政府の意向だろうが、素人には難しい。憲法改正は国民投票。論議を深めてもらえまいか。

                         (仲)

                          戻る

« 箱根に限らず天変地異は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 追い込み漁のイルカ入手と倫理      ~ゆうてもええかな~ »