« 平和安全法制法案は難しい      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | バターが足りないだけでなく      ~ゆうてもええかな~ »

2015年5月23日 (土)

追い込み漁のイルカ入手と倫理      ~ゆうてもええかな~

 たぶん、イルカを食したことはない。鯨は食べたことがある。学校給食の定番メニューに、鯨の竜田揚げがあった。昭和のころの話だ。だからといって思い入れがあるわけではないが、我が国がやっていることに他国の倫理観でケチをつけるのはどうかと思う。
 世界動物園水族館協会(WAZA)が日本動物園水族館協会(JAZA)に太地町の追い込み漁で捕獲したイルカを入手して飼育することは、理理規定に違反するとして、続けるならJAZAを除名すると通告した。JAZAは加盟の動物園水族館の投票で、WAZAに残留し、太地町追い込み漁のイルカ入手はしないことを決めた。
 これは太地町にイルカ追い込み漁の禁止を求める決定ではない。そして、イルカ入手を続けたい水族館はJAZAからの脱退を検討していると聞く。それはそれで、個々の判断でいいと思う。
 WAZAが倫理規定を持ち出したのは、追い込み漁が残酷と考える動物保護団体の寄付や働きかけがあったからで、ヨーロッパは飼育しない方向に向かっているし、アメリカは繁殖、即ち人間が飼うために生産した動物の飼育は続けている。
 日本では水産資源と考えているわで、漁そのものがけしからんと言う声に同調する気はない。絶滅が危惧されているなら管理すればいい。野生の水産資源は、必要であれば捕獲していいと思う。野生の海産物を生業としている漁民がいない国は、批判する権利はあるが、当事国の主張を聞く義務があると思う。
 飼育繁殖すれば、文句ないのかね。入り江の一部を仕切って、イルカ養育場とか。野生とは別物になりそうだけど。馬も牛も、家畜は野生種と違うのと同じように。

                        (仲)

                         戻る

« 平和安全法制法案は難しい      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | バターが足りないだけでなく      ~ゆうてもええかな~ »