« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月30日 (土)

バターが足りないだけでなく      ~ゆうてもええかな~

 消費者物価が上がった、株価が上がった、円安が続いた。最近のマスコミでは、もはやアベノミクスという言葉も聞かれない。日本経済の指標上昇と、生活の充実度がつながらないからだろう。消費者の実感は、食料品などの値上がりに注意が向いている。
 簡単なところから、円安が続くと、輸入食料品の価格が上がる。小麦とか、大豆とか、砂糖に、果物、などなど。パン、菓子類を中心に、値上げや、容量を減らした実質値上げに踏み切るメーカーは後を絶たない。
 牛乳などの乳製品は、国内での深刻な事情もある。乳牛のエサとなる穀物、飼料は輸入に依存しているから、円安基調になれば値が上がる。その他、電気代など乳牛を飼うコストが上がれば、酪農家は経営が苦しくなる。生乳価格に転嫁できればいいが、買い取り価格は上がらない。経営難で廃業する酪農家が相次いでいる。
 スーパーの乳製品売り場では、特にバターが品薄になっていると聞く。酪農・乳業の業界団体である『Jミルク』が25日、今年度のバター不足分が全国で7100トンとなる見通しであると発表し、農林水産省が緊急輸入を決めた。
 牛乳は、生乳、飲用枠を優先確保、次に日持ちのしないチーズ用途が確保され、次にバター用途、となる。酪農家廃業で生乳生産量が減れば、まずバター向けが減らされる。追加輸入でしのぐなら、毎年繰り返すだろう。酪農家の経営が成り立つ仕組みを政治が考えなければならない。
 バター値上げ。でもお給料が上がっているから値上がりしても買えるわ。これが望ましい緩やかなインフレ経済である。消費者の収入が上がらないから、値上げや品薄が問題になる。値上がり、品薄はバターだけじゃないでしょう。ね。

                          (仲)

                           戻る

2015年5月23日 (土)

追い込み漁のイルカ入手と倫理      ~ゆうてもええかな~

 たぶん、イルカを食したことはない。鯨は食べたことがある。学校給食の定番メニューに、鯨の竜田揚げがあった。昭和のころの話だ。だからといって思い入れがあるわけではないが、我が国がやっていることに他国の倫理観でケチをつけるのはどうかと思う。
 世界動物園水族館協会(WAZA)が日本動物園水族館協会(JAZA)に太地町の追い込み漁で捕獲したイルカを入手して飼育することは、理理規定に違反するとして、続けるならJAZAを除名すると通告した。JAZAは加盟の動物園水族館の投票で、WAZAに残留し、太地町追い込み漁のイルカ入手はしないことを決めた。
 これは太地町にイルカ追い込み漁の禁止を求める決定ではない。そして、イルカ入手を続けたい水族館はJAZAからの脱退を検討していると聞く。それはそれで、個々の判断でいいと思う。
 WAZAが倫理規定を持ち出したのは、追い込み漁が残酷と考える動物保護団体の寄付や働きかけがあったからで、ヨーロッパは飼育しない方向に向かっているし、アメリカは繁殖、即ち人間が飼うために生産した動物の飼育は続けている。
 日本では水産資源と考えているわで、漁そのものがけしからんと言う声に同調する気はない。絶滅が危惧されているなら管理すればいい。野生の水産資源は、必要であれば捕獲していいと思う。野生の海産物を生業としている漁民がいない国は、批判する権利はあるが、当事国の主張を聞く義務があると思う。
 飼育繁殖すれば、文句ないのかね。入り江の一部を仕切って、イルカ養育場とか。野生とは別物になりそうだけど。馬も牛も、家畜は野生種と違うのと同じように。

                        (仲)

                         戻る

2015年5月16日 (土)

平和安全法制法案は難しい      ~ゆうてもええかな~

 本日は5月16日。大阪市内は、いわゆる大阪都構想の賛否を問う住民投票を明日に控え、両陣営の宣伝カーが走り回っている。賛否両陣営の主張を見聞きすると、真っ向から対立している論点が多く、判断が難しい。でも大阪市以外の人には直接の影響は無いから、全国的に影響のある、難しい話を見てみる。
 安倍内閣は14日、国際平和支援法案と武力攻撃事態法改正案を含む10本の改正法案を一括して、平和安全法制関連の11法案を閣議決定し、15日に国会に提出した。
 首相官邸が平和安全法制と表記しているが、内容は、一言で言えば、難しい。内容を全部把握し理解するのは、自分には困難で、詳細は法案骨子が新聞や政府のどこかのホームページにあるだろうからそちらを見てもらいたい。どこかの、というのも無責任だが、内閣官房・内閣府・外務・財務・防衛省が関与する法案だから、掲載場所を見つけること自体、難しい。
 今まで、いわゆるイラク特措法など、自衛隊派遣のために個々に特措法を国会で通して派遣していたのを、国際平和支援法という恒久法にして、国会承認で自衛隊を派遣できるようにしようとか、集団的自衛権行使を武力攻撃事態法改正案に盛り込むとか、どこに何が書いてあって、自衛隊がどこでどう活動することになるのか、読み解くのが難しい。
 最も難しいのが、憲法九条の規定が上位だから抵触するのかどうか。現実的に隣国の脅威があることは認めるが、改正法案では沖縄近海の事態に対応可能、例えば南シナ海で米軍が紛争当事者となった場合でも対応可能ではないか、というように、個々の事態に政府が判断していくことになろう。憲法改正して合憲としたいのが政府の意向だろうが、素人には難しい。憲法改正は国民投票。論議を深めてもらえまいか。

                         (仲)

                          戻る

2015年5月 9日 (土)

箱根に限らず天変地異は      ~ゆうてもええかな~

 ゴールデンウィークの最終日になって、箱根山で火山活動の活発化が見られたため、火口付近の立ち入りが制限された。観光関係の方々にはお気の毒だが、今後収束するか、活発化するか、誰にも予測できないのだから、せめて今の時点で危険なこと、安全なことを正確に発信するしかない。風評被害を最小限に抑えるためには。
 マスコミを見ていて思うのは、やれ活動期に入ったとか、個々に見るべきだとか、次の噴火予測をしたがる傾向がある。これ、ある意味重要で、反面、意味が無いとも思う。
 火山噴火のみならず、地震、洪水に地滑り、津波など、災害が起きるかもしれない場所を洗い出してハザードマップを作ることは重要だから、ある意味、次は我が身に災害が及ぶかも、と考えて備えるための情報や活動は存分に報道するといい。天災は忘れた頃にやってくる。備えあれば憂い無し。
 意味が無いと思うのは、富士山の噴火がどうとか、日本全体が活動期に入ったとか、地球規模で地震が増加傾向とか、そういう予知、あるいは予知っぽい不確定情報である。人間の有史以来の知恵や記録なんて、せいぜい1千年分くらいだろう。地球は45億年、ずっと活動しているのだから、人の予想を超えた未曾有の天変地異は、起きると思った方がいい。
 大震災などでつらい経験をされた方の神経を逆なでするつもりはなくて、今日にも災害に襲われるかもしれない我々の身を守るのは、予知や予測ではなく、備えであることを忘れないようにしたいと思う。

                         (仲)

                          戻る

2015年5月 2日 (土)

ゴールデンウィークが暑い      ~ゆうてもええかな~

 大型連休の後半に入り、実は内心、この連休のどこかで、骨休めのために小旅行をしたいと考えていたのだが、止めた。暑くて、病院の往復でバテてしまった。大阪、5月2日の最高気温は30度を超えた。真夏日である。
 昭和の日からのゴールデンウィーク前半、東日本から北日本、特に北海道で真夏日を記録した。まだ4月なのに、である。今年はいろいろな気象条件が重なって、南風が入る日が続いている。
 2日から6日まで、5連休というご家庭も多かろう。人出が多いし、駅が込んでいる。活気があるのは良いこと。大阪で見ている限りにおいては、海外からの観光客も相当数見かける。ざっくりだけど、4割以上が海外からの人達ではないか。
 この時期、中国も連休期間なのだそうだ。確かに中国の観光客が多い。見て分かるのか? よく見れば分かる。団体行動、大きな荷物、一眼レフのカメラ、スマホの自撮り棒。こういったものが目立つのは、だいだい中国からお越しの方達だ。あくまで大阪では、と、念押ししておく。
 暑くて人が多いから、蒸し蒸ししてたまらない。今年は4月前半が雨が多くてぐずついて、桜が散ったら一気に初夏、という感じで、春を感じる暇がなかった。
 地球の温暖化が進んだ証拠だとか、異常気象だとか、そういうことは一切言うつもりはない。人間が気象統計を取り始めてから、たかだか100年ちょっと。地球的なスパンで考えれば、特別な変化でないのかも、と思っている。温暖化が人間の生活に不都合だから抑えようと活動するのは止めないが、今の気象条件に生活を合わせるのも個人レベルでできる対応だろうと思う。
 だから、明日は、夏物を出そう。暑くても体が対応できるように。

                          (仲)

                           戻る

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »