« 関電の仮処分異議申し立てに見る安全意識      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ゴールデンウィークが暑い      ~ゆうてもええかな~ »

2015年4月25日 (土)

日本遺産認定の賞味期限      ~ゆうてもええかな~

 文化庁は24日、日本全国18の地域に残る文化や遺跡を『日本遺産』として認定し、公表した。今後も毎年認定し、2020年頃に100件程度まで認定することを目指している。
 世界遺産ではない。そもそもの思想が違うようだ。
 世界遺産は、ユネスコ曰く、人類が共有すべき普遍的な価値のある自然や文化遺産を登録したリストで、普遍性を求めるからか、有形文化財、即ち不動産を対象として、後世に伝えるべく維持することを求めている。無形文化財は対象にならない。
 日本遺産は、有形無形を問わず、現在あるいは過去の文化を伝える文化財や遺跡が対象で、祭などの無形文化財も含まれる。その選考基準は、地域振興につながるストーリーが重視される。まあ、早い話が町おこし対象の認定であり、観光客誘致対象をリスト化して、国が予算を取って支援しようという話である。
 例えば、お祭りは年に一度だろうし、遺跡は建物の遺構のみで現存していない場合もある。でも、現代はタブレットやスマートフォンの画面にバーチャル画面、祭の様子や在りし日の建物のまわりを歩く当時の人々の風俗を映し出すことができる。パンフレットよりはるかに情報量が多く、共感を得やすい。
 ここであえて注文をつける。1回見れば満足する見せ方なら、5年で陳腐化して、訪問者は途絶えるだろう。リピーター、あるいは産業の起業を呼び込めなければ、日本遺産は生き残れない。賞味期限があるところが、普遍性を求める世界遺産と大きく違うところだろうと思う。

                        (仲)

                         戻る

« 関電の仮処分異議申し立てに見る安全意識      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ゴールデンウィークが暑い      ~ゆうてもええかな~ »