« 過激派テロがチュニジアでも      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 統一地方選、政権政策の浸透度      ~ゆうてもええかな~ »

2015年3月28日 (土)

航空機墜落、操縦士のバックアップ      ~ゆうてもええかな~

 24日、ジャーマンウィングス社の旅客機、エアバスA320型機が、乗客乗員160人を乗せてスペインからドイツへ向かう途中、フランス南部の山岳地帯に墜落した。捜索活動が始まるも、急峻な山肌に突っ込む形で墜落、機体の破片が散乱している状態で、生存者の確認は無い。遺体の収容も、命綱を使っての作業で難航しており、収容した遺体はDNA鑑定で身元の特定をしている。
 航跡をたどると、飛行中に降下し始め、そのまま山肌の砂礫に突っ込んだ。速度を落とすとか、回避操作をした形跡が無く、当初は機体異常による事故だと見られていた。
 しかしドイツ検察の捜査が進むにつれ、操縦士がコックピットから出ていて副操縦士が一人で残っていたこと、副操縦士が機体を降下させたと見られること、副操縦士の自宅に医師の勤務不可とした診断書が破り捨てられていたことなどが明らかになった。
 現時点ではまだ、事故か事件か断定されていない。しかし、人為的な意図があったこと、副操縦士が医師の診断を会社に報告せず勤務を続けていたことは、確かなようだ。
 副操縦士の病状については言及しないが、医師が勤務不可と診断したことを無視して操縦していたのは、副操縦士の瑕疵であることに違いない。再発防止は、この会社だけでなく、全世界の航空会社の使命だ。
 そこで注目されるのが、コックピットに一人になる場合のフォローだ。操縦士だってトイレに立つし、フライト中に体調を崩すこともゼロにはできまい。空路で非常停止はできず、いかなる場合でも機体をコントロールできる状態を維持する必要がある。必ず二人以上、という流れになるのはやむを得ないと思う。

                         (仲)

                         戻る

« 過激派テロがチュニジアでも      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 統一地方選、政権政策の浸透度      ~ゆうてもええかな~ »