« マクドナルドの回復遠し      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 選挙権だけ18歳に引き下げか      ~ゆうてもええかな~ »

2015年2月14日 (土)

安倍首相が今国会で決めたいこと      ~ゆうてもええかな~

 12日、開会中の通常国会で、安倍首相の施政方針演説があった。経済再生、復興、地方創生、女性問題、安保法制と盛りだくさんで、どれも改革を伴う大仕事になる。
 内政中心で、外交といえば、中韓との関係改善、北朝鮮の拉致問題解決など、アジア外交に直接言及はしたものの、その時間は短かった。
 安倍首相が何としてでも今国会で整備したいのは、安保法制だ。公明党と調整して、どうにか集団的自衛権に関する閣議決定までこぎ着けたが、実際に自衛隊を海外に派遣するには、自衛隊法などの法整備が必要で、事案毎に特措法で対応するのではなく、恒久法で素早く派遣できるようにしたい。これはなんとしてでも今国会会期中に法案として成立させるべく、公明党との与党調整が始まっている。これがすんなりいかない。
 安保法制の次は、憲法改正である。自衛のための戦力保持が可能であることを憲法に盛り込みたい。安倍首相の意図がはっきり見えているだけに、公明党はそこに至る道の入り口になる安保法制を受け入れることはできない。宗教団体を支持母体とする公明党だから、戦争反対は譲れない。すでに自民公明両党の与党協議は始まっているが、難航すると、公明党の与党離脱もあり得る。
 だから首相は今国会中に安保法制を整備して、憲法改正論議を起こしたうえで、来年の参議院選挙に臨む構えだ。経済が停滞したら世論は改憲に向かわないから、今のうちに整備したいのだ。
 ただ、ここへ来て西川農水相の寄付問題が浮上し、解散でうやむやになった政治とカネの問題を追求されると、時間的に厳しい。今年の政界は、激しく動く予感がする。

                          (仲)

                           戻る

« マクドナルドの回復遠し      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 選挙権だけ18歳に引き下げか      ~ゆうてもええかな~ »