« 大阪都構想に対する民意      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | マクドナルドの回復遠し      ~ゆうてもええかな~ »

2015年1月31日 (土)

イスラム国の資金は      ~ゆうてもええかな~

 先週は更新できなかった。パソコンのキーボードが故障して、キーの七割ほどを認識しなくなった。文章がタイプできず、更新をあきらめた。今は、新しいキーボードで入力している。
 この二週間、マスコミの報道はイスラム国と名乗る過激派組織に拘束された邦人の動向に多くの時間を割いていた。拘束され殺害されたとみられる方、未だ拘束されたままの方、どちらの報道に対しても、解決の方法が見えないだけに、忸怩たる思いを抱く。
 イスラム系の過激派組織は、アルカイダを思い出すが、戦闘訓練やテロ強行の状況を見ても、集団的武装組織の域を出なかったが、シリアのラッカに本拠があるらしい過激派組織は、独立を宣言して国家としての扱いを求めている。攻撃を仕掛けるだけでなく、油田を支配して採掘、製油して資金を得るところが、今までと違うところだ。
 しかし、誤算だったのは、昨年来の原油安だろう。資金源になるはずの石油が、安く買いたたかれる。その他の産業らしきものは持っていないようで、支配か地域の遺跡から出る骨董品を資金に変えているようだが、限界がある。今、有力な資金調達法は、身代金の奪取になっている。
 他国の若者を勧誘して戦力に育てたり、敵対する者の命を奪うことに躊躇がなかったり、どことなくオウム真理教事件を思わせるところがあって、そうだとするとなおさら、国家を名乗っていても交渉や説得で事態の打開を図る難しさが実感できる。慎重に、長期にわたっても人質の奪還を目指して欲しい。
 人質欲しさに、他国の市民を拉致、連れ去りを繰り返す組織にしてはいけない。用心。用心。

                          (仲)

                           戻る

« 大阪都構想に対する民意      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | マクドナルドの回復遠し      ~ゆうてもええかな~ »