« ロシア経済が危ない      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | パリ連続テロの因縁      ~ゆうてもええかな~ »

2014年12月27日 (土)

STAP細胞は無いのか      ~ゆうてもええかな~

 理化学研究所の調査委員会は26日、STAP細胞に関する論文の調査結果をまとめ、過去に発表されたSTAP細胞とされる細胞は、ES細胞由来であると公表した。STAP細胞を発明したと発表した組織が、1年かけて、完全否定したことになる。STAP細胞という新たな可能性に期待をしていた部分があったが、調査委員会の結果が明らかになるにつれて、お粗末に過ぎるという気がしてきた。
 調査委員会は、ES細胞が研究過程に混入した、意図的としか考えられないが混入した経路は特定できなかったとした。ES細胞が自然界に転がっている訳が無く、受精卵を元に作り出す細胞だから、誰かが作った物だという。この結論が、経路は分からないけど誰かを犯人に仕立てて幕引きをしようという筋書きが先にあるのではないか。そういう調査の仕方は科学者としてはお粗末な考え方ではないか。
 ここ数日の報道で、実験ノートに詳細の記載が無く、実験日も海外出張と重なっていたりで、生データとして使える情報は少なかったという。研究機関が実験ノートをどのように管理するのが一般的なのか寡聞にして承知していないが、生データを残していないというのはどうか。またそれを知的財産として管理せず放置していた理研の管理も、お粗末に過ぎる。
 京都大学の山中教授が記者会見で、この件で生データの重要性を改めて学んだという主旨のコメントをされた。研究者と、研究結果を管理する組織すべてに言えることだと思う。
 STAP細胞は無かったようだが、理化学研究所はiPS細胞由来網膜移植の臨床実験に入っているなど、研究レベルは高い。個人の力量に頼った組織なのかも。たぶん。

 今回が年内最後の更新になります。来週はお休み、次回更新は年明けは1月10日頃の予定です。
                         (仲)

                          戻る

« ロシア経済が危ない      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | パリ連続テロの因縁      ~ゆうてもええかな~ »