« 小渕経産相辞任へ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 日銀追加金融緩和の次の一手      ~ゆうてもええかな~ »

2014年10月25日 (土)

安倍首相の判断 北朝鮮・消費税      ~ゆうてもええかな~

「安倍首相の判断 北朝鮮・消費税」
 安倍首相は、前回の中国での北朝鮮拉致再調査問題の協議を受けて、平壌に代表団を派遣して協議すると決めた。北朝鮮の誘いに、リスク覚悟であえて乗った形だが、交渉大使である宋日昊氏から情報が取れず、解決に向けて進展させるため、北朝鮮の特別調査委員会に直接接触することを選択したのであろう。ただ、平壌に乗り込むと、北朝鮮の統制下で調査状況を聴取し、場合によっては証人が出てくるかもしれない。拉致被害者の血縁者に、被害者本人は死亡した、とか言わせて、複数の被害者の再調査打ち切りを図る怖れもある。
 平壌で出される証拠や証言を検証できるか否かで、状況が変わる。北朝鮮側としては、現地で状況を見せたのだから、今度は日本が制裁解除する番だと主張すると思われるから、いや、証拠も何も出さずに、先に制裁解除がなければ報告できないと突き放すかもしれない。北朝鮮側に調査報告を早期に出させるには、タフな交渉になる。吉と出るか凶と出るか、見守りたい。
 次に安倍首相が決断を迫られるのが、消費税再増税で、10%まで引き上げを行うか、延期法案を出して先送りするか。
 直近の7-9月期の経済指標を見て判断することになるが、実際は支持率も関係する。来年の統一地方選に勝利するために、10%への引き上げを先延ばしするのか、引き上げ実施と決めても戦えると考えるのか、解散総選挙というカードを切るかどうかを含めて、判断が迫られる。
 川内原発の再稼働判断とか、11月APECでの中韓との会談実施、ロシアとの北方領土交渉、エボラ出血熱対策に、イスラム国のテロの監視。課題が山積みで、判断ミスは許されない。閣僚辞任でごたごたしているようでは、少々心配である。

                       (仲)

                        戻る

« 小渕経産相辞任へ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 日銀追加金融緩和の次の一手      ~ゆうてもええかな~ »