« スコットランド独立は否決      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 香港大規模デモの行く先      ~ゆうてもええかな~ »

2014年9月27日 (土)

電力自由化への布石      ~ゆうてもええかな~

 27日の御嶽山噴火では、多くの被害者が出ているようだが、これを書いている27日夜の時点では、詳しい状況の把握ができていない。明朝以降、さらに情報が入るだろう。
 さて。関西電力が宮城県に石炭火力発電所の建設を決めた。電力は首都圏に販売する。2016年の電力小売り全面自由化を見据えて、首都圏に東京電力より安い価格で電力を販売するべく、自前の発電設備建設が必要と判断した。
 首都圏向けには、中部電力と中国電力も、関連企業と共同で火力発電所建設を計画しているし、逆に東京電力は、中部・関西エリアの家電量販店舗向けの電力販売を計画している。
 背景には、2016年の電力自由化、それと原子力発電所の再稼働が進まない現実があるのではないか。
 26日、関電社長の定例会見で、福井県に現存する原発の使用済み核燃料について、福井県の求めもあって、中間貯蔵施設を関西地域の発電所敷地内に置く検討を始めていると明らかにした。場所は明確にしていないが、核燃料が輸送できる港があって、地震に耐える地盤がある場所が候補だとしている。
 原発が動かない以上、地元にとっては雇用も利益も生まない、核燃料などの貯蔵庫でしかなく、リスクを受け入れ続ける理由がない。電力の消費地近くで貯蔵を、と求める福井県を説得する材料は乏しく、実現可能かどうかはともかく、検討する姿勢を示す必要があった。
 ただ、関西の港近くは、南海トラフ地震の際の津波危険区域が多く、天災発生時の安全性確保のためのコストも必要だ。電力自由化で生き残りを狙うための布石の一つだろう。
 ただ、電力が安くなるのは企業向けが先。一般向けは、後回しだろうな。

                        (仲)

                         戻る

« スコットランド独立は否決      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 香港大規模デモの行く先      ~ゆうてもええかな~ »