« 安倍内閣改造断行      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | iPS細胞の臨床手術      ~ゆうてもええかな~ »

2014年9月 6日 (土)

朝日新聞のお詫び      ~ゆうてもええかな~

 今週のニュースは、安倍内閣改造とデング熱感染拡大が主な話題となっている。デング熱感染が疑われる場所が、代々木公園から新宿公園、さらにそれ以外の場所での可能性もあるということで、さらに拡散するかもしれない。蚊がウィルスを運んでいるから、蚊に刺されないように虫除けスプレーなどでの自衛が有効のようだ。
 人ごとのように書いているが、自分が住む関西は、大気の状態が不安定。蚊もおちおち飛んでいられない天気が続いている。
 そういうわけで、自分が気になっている話を書く。朝日新聞が8月5日にいわゆる慰安婦に関する報道の検証を掲載し、当該の記事の取り消しをした。報道してから32年後の取り消し、そして記事取り消しはしたが謝罪無し、ということを中心に厳しい批判にさらされている。
 朝日新聞連載の池上彰氏のコラムで、8月末掲載分で、記事取り消しについて批判する内容の原稿が届き、朝日はこのコラムを掲載しなかった。その問題が表面化し、9月4日にお詫びとコラム掲載、6日に改めて経緯の説明と謝罪記事を掲載している。
 週刊誌とも広告掲載でもめたりで、相当疲弊しているのか。池上氏のコラム連載が続くかどうかは不透明だ(毎月最終金曜日に掲載予定)。
 それと、池上氏のコラム関連のお詫びでごたごたしている場合ではなくて、慰安婦記事取り消しについてのお詫びが、まだない。記事を取り消します、で事態を収束させることができるか。報道機関として信頼を回復できるか。
 会社としてのお詫びの仕方って、すごく難しいけどね。どうするか、見届けさせていただきます。

                        (仲)

                         戻る

« 安倍内閣改造断行      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | iPS細胞の臨床手術      ~ゆうてもええかな~ »