« マレーシア機墜落      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | チキン問題だけではなくて      ~ゆうてもええかな~ »

2014年7月26日 (土)

危険ドラッグの違法性      ~ゆうてもええかな~

 厚生労働省と警察庁が、いわゆる『脱法ドラッグ』について、新たな呼称を募集して、22日、『危険ドラッグ』とすると発表した。
 発表後、マスコミはこの呼称で統一して報道している。だから今さら『危険ドラッグ』という呼称そのものに文句をつける気はないが、範囲が曖昧な気がする。『危険ドラッグ』に該当するのかそうでないのか、誰がどうやって決めるのだろうか。
 使用、所持、売買を規制できるのは、覚醒剤取締法や薬事法などで規制している薬物である。これらは、指定薬物の所持などは違法。いわゆる『脱法ドラッグ』というのは、違法な指定薬物ではないが、指定薬物と同様の症状が現れるために、指定薬物の代わりに売買、使用される薬物である、と言えば、だいたい合っているだろうか。
 だから、『脱法ドラッグ』改め『危険ドラッグ』の所持、売買を取り締まることができるケースは限られる。薬事法で、無承認、無許可の医薬品の販売を規制していて、『危険ドラッグ』規制はこれが適用される。つまり、医薬品じゃないのに飲むか吸うか注射するか、何らかの方法で人体に使用した場合、あるいはその目的で販売した場合に摘発される。ただしこの場合、人体使用目的でなければ(あるいはそう言い張れば)取り締まることができない。
 問題になっているのは、『危険ドラッグ』を摂取して車を運転して事故を起こす、など、事件事故の原因となるケースが増えていること。危険運転致死罪に問うとか、事件事故発生後でなければ取り締まれない。
 呼称を変えただけでは、事態は改善しない。危険な薬物なら、いたちごっこではあっても、地道に薬事法で指定する作業を繰り返すしかないだろう。呼称を変えても、違法である根拠は変わらないのだから。

                          (仲)

                           戻る

« マレーシア機墜落      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | チキン問題だけではなくて      ~ゆうてもええかな~ »