« ワールドカップの盛り上がり      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ゲリラ豪雨はどこででも      ~ゆうてもええかな~ »

2014年6月21日 (土)

河野談話検証      ~ゆうてもええかな~

 安倍政権は20日、『河野談話』の検証結果をまとめ、衆議院に報告した。同じく20日、韓国軍は竹島沖で射撃訓練を実施した。タイミングを考えれば、この射撃訓練は『河野談話』検証結果報告の日に合わせて、政治的意図で実行したもので『河野談話』検証に対する抗議と取って良い。
 『河野談話』とは、従軍慰安婦問題が日韓の政治問題と化したため、1993年、宮沢内閣の河野官房長官が、従軍慰安婦に関して日本軍の強制はなかったが、官憲の加担があったとして、反省とお詫びの意を表明したものだ。
 安倍政権は、強制がなかったこと、『河野談話』の根拠となる従軍慰安婦の調査が充分でなかったとの観点から、『河野談話』に否定的で、検証作業を行っていた。主に、軍の強制の有無、談話を出した過程での実態を確認していた。
 ところが3月、安倍首相は国会答弁で『河野談話』そのものの見直しをせず、政権として継承することを明言した。3月25日に日米韓の首脳がハーグでの国際会議のため集まるから、三カ国首脳会議を実現するべく、アメリカが日本に迫った。日韓関係の修復が、アメリカにとって中国・北朝鮮・ロシアに対抗するために必要と判断したためだ。従って、見直しは談話の作成の過程の検証となった。
 日韓関係が決定的に冷え込むことは回避したが、問題は解決していない。個人的には、1965年の基本条約締結時の請求権の解決をベースにして、個人請求はまず韓国政府が対応すべきと思う。違法性あれば、国際司法の場で主張せよ。日本にぶつけて相対的に韓国政府への国民支持を維持するやり方を変えないなら、あと50年は解決しないし、日韓関係も変わらない。きっと。

                        (仲)

                        戻る

« ワールドカップの盛り上がり      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ゲリラ豪雨はどこででも      ~ゆうてもええかな~ »