« 河野談話検証      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 拉致問題と制裁一部解除      ~ゆうてもええかな~ »

2014年6月28日 (土)

ゲリラ豪雨はどこででも      ~ゆうてもええかな~

 沖縄で梅雨が明けた。本州四国九州では、いよいよ本格的な梅雨のシーズンを迎える。
 梅雨の雨の降り方は、梅雨入り直後はしとしとぐずぐず降って、梅雨明け直前は雷を伴う強い雨が降るというのが定番だったが、今年は今までのところ、局地的な強い雨、ゲリラ豪雨的な降り方になるのが多いように思う。24日には関東で雹が降った。
 局地的な豪雨は、梅雨前線が直接影響した雨ではない。大気の状態が不安定になったときの降り方だ。
 梅雨前線の雨は、範囲が広く、前線の動きに従って雨が強く降る地域が動く。雹が降るような局地的な雨は、積乱雲が降らせる雨で、上空に大陸からの寒気が低気圧と共に入ったときに起こりやすい。地表近くが暖かいところで、上空に寒気が入ると、大気の状態が不安定になる。冷たい空気は下に沈もうとするし、暖かい空気は上空に上がろうとする。この上昇気流が、積乱雲のもとになって、雨になる。地表の空気と寒気の温度差が大きいほど、上下入れ替わろうとする空気の動きは激しくなる。
 雹は、上空の氷の粒が落ち、上昇気流で吹き上げられて上空に戻ってまわりの水分をくっつける、ということを繰り返して成長する。上昇気流が弱ければ、できる雹の粒も小さい。大きな粒を上空に吹き上げるほどの気流なら、大きな雹になる。
 雨の量、豪雨の激しさは、縦の気流だけでは決まらない。海からの湿った風で、水分が運ばれてくると、雨量が多くなる。前線が湿った空気を呼び込むと、長時間降り続け、水害をもたらすこともある。
 ゲリラ豪雨という言葉が定着したように思う。局地的な豪雨は、どこでも起こりうる。用心されたし。

                         (仲)

                          戻る

« 河野談話検証      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 拉致問題と制裁一部解除      ~ゆうてもええかな~ »