« 消費税増税の次は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | オバマ大統領来日      ~ゆうてもええかな~ »

2014年4月12日 (土)

原子力発電は続く      ~ゆうてもええかな~

 そろそろ桜も終わり。暖房も冷房も要らない季節は心地よい。
 11日、政府はエネルギー基本計画を閣議決定した。原子力発電を石炭火力と共に重要電源とし、依存率を抑えつつも、中・長期的に一定規模を確保する方針を打ち出している。
 福島第一原発の事故以来、原発を使い続けることを明記したのは始めてで、それも中・長期にわたって使い続けるということは、現存の原発の老朽化で廃炉が進めば、新設すると言っているのに等しい。事故再発を懸念する人達にはとんでもない話に映るだろう。
 そこまで政府が原発に拘る理由は何か。一つは、電気料金の押し上げを止めたいのだろう。石油火力だと、今、ナフサの価格が上昇しているから、発電の原料コストが増加していて、電力料金アップにつながっている。どの産業も電気を使用しているから、生産量が上がれば、電力消費も上がる。利益が電気に食われると、産業が成り立たなくなる。国内生産はコストが高いから海外移転を、と考える企業がさらに増えると、経済も税収も停滞する。
 原発を使えば、電気料金を抑えられる。発電のランニングコストは安いからで、放射性廃棄物最終処分までのトータルコストは高くなるが、ここは税金でまかなうのだろうから、発電のコストに乗らない。
 もう一つ、政府が原発を止めない理由。原発のシステムそのものが輸出コンテンツになっているから、他国に売るシステムを国内で止めたら説得力が無くなる。
 どちらにしても、既得権益を守りたい業界の意向だ。そんなに続けたいなら、業界で福島第一原発の廃炉作業をやってみろ、と思う。そうすれば、同様事故の再発防止に意識が向くのではないか。今はとにかく、後片付けが優先でしょうが。

                          (仲)

                           戻る

« 消費税増税の次は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | オバマ大統領来日      ~ゆうてもええかな~ »