« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月26日 (土)

オバマ外交の失敗      ~ゆうてもええかな~

 オバマ大統領が日本に来て、韓国に去った。何の話をしたのか、印象にとんと残らぬ訪問だった。
 安倍首相とて、成果を手にしたわけでもない。オバマ大統領との関係強化もできず、同盟強化も、対北朝鮮では一致したものの、これは既定路線。対中国という意味では、尖閣諸島は日米安保の対象だけど、武力行使よりまず外交努力での解決を促した。単に言質を得ただけで、現状は日中で解決して欲しい、アメリカは間に入らないよ、と言っている。アジア重視というが、中国とは対立したくない本音が見える。アメリカ経済を支える大きな市場なのだから。
 そして、TPPでも妥結できなかった。大統領が訪問していながら、交渉は進展しなかった。オバマ大統領にすれば、成果どころか、失敗だ。アメリカ経済は国内消費に期待できず、輸出の拡大のため、TPPによってアメリカに有利なルールで商売したい。大きな市場である日本都の妥結が重要なのだが、時期的なメドすら立たなかった。
 韓国にも要請されて訪問したが、韓国政府は旅客船沈没の対応に追われ、対北朝鮮へのメッセージを発信するに留まっている。
 オバマ氏は、ここまでの動きを見ていると、理論的に考えて発言していて、一国のリーダーとして問題解決に向けて決断し実行する場面は見ない。どうも実務での良い評価が聞こえてこなくて、今年の中間選挙ですでに劣勢が伝えられている。
 アメリカのリーダーシップを前提にしている日本外交も見直すべきかも。先月の日米韓首脳会談だって、成功じゃないよ。あれ。

                       (仲)

                        戻る

2014年4月19日 (土)

オバマ大統領来日      ~ゆうてもええかな~

 このところ、アメリカの評判が良くない。株価や為替を牽引して、経済の方は影響力を保っているが、政治的な影響力に陰りが出ている。
 そもそも、オバマ政権の政策だとそうなるのは明らかだ。オバマ大統領は、イラク紛争での米軍の犠牲の大きさを鑑み、軍兵士であれアメリカの若者を他国で死なせないと訴えた。海外の軍備も見直しを図っている。そうなると、米軍、NATO軍駐留地以外での紛争には、米軍を投入しないということになる。
 現に中東で内戦が続いていようが、ウクライナが事実上の内戦状態になろうが、軍部隊を投入していない。今まで実力行使で世界の警察を標榜していた国だから、その他の方法での紛争解説策を持ち合わせていない。故に、他の大国とにらみ合いだけが続き、紛争が続くことになる。
 来週、オバマ大統領が来日し、24日に安倍首相との首脳会談に臨む。ここで話される内容は、表向きは日米同盟の確認であるが、おそらく、TPPと北朝鮮問題は議題から外せない。どのような外交成果につながるのか、アメリカの主張を繰り返して現状を打開できずに帰るのか。オバマ大統領の外交手腕が発揮されることを期待したいが、難しいだろう。オバマ大統領は内政に注力していて、経済的なメリットがある国との対話を重視する傾向にある。日本には、近隣国との緊張状態を緩和するようなだめる方向で、ただ北朝鮮との交渉進展は制裁の効果が薄れるため認めない、という立場。安倍首相とは相容れない部分がある。
 日本は国賓待遇で出迎える。成果の有無や、いかに。

                         (仲)

                          戻る

2014年4月12日 (土)

原子力発電は続く      ~ゆうてもええかな~

 そろそろ桜も終わり。暖房も冷房も要らない季節は心地よい。
 11日、政府はエネルギー基本計画を閣議決定した。原子力発電を石炭火力と共に重要電源とし、依存率を抑えつつも、中・長期的に一定規模を確保する方針を打ち出している。
 福島第一原発の事故以来、原発を使い続けることを明記したのは始めてで、それも中・長期にわたって使い続けるということは、現存の原発の老朽化で廃炉が進めば、新設すると言っているのに等しい。事故再発を懸念する人達にはとんでもない話に映るだろう。
 そこまで政府が原発に拘る理由は何か。一つは、電気料金の押し上げを止めたいのだろう。石油火力だと、今、ナフサの価格が上昇しているから、発電の原料コストが増加していて、電力料金アップにつながっている。どの産業も電気を使用しているから、生産量が上がれば、電力消費も上がる。利益が電気に食われると、産業が成り立たなくなる。国内生産はコストが高いから海外移転を、と考える企業がさらに増えると、経済も税収も停滞する。
 原発を使えば、電気料金を抑えられる。発電のランニングコストは安いからで、放射性廃棄物最終処分までのトータルコストは高くなるが、ここは税金でまかなうのだろうから、発電のコストに乗らない。
 もう一つ、政府が原発を止めない理由。原発のシステムそのものが輸出コンテンツになっているから、他国に売るシステムを国内で止めたら説得力が無くなる。
 どちらにしても、既得権益を守りたい業界の意向だ。そんなに続けたいなら、業界で福島第一原発の廃炉作業をやってみろ、と思う。そうすれば、同様事故の再発防止に意識が向くのではないか。今はとにかく、後片付けが優先でしょうが。

                          (仲)

                           戻る

2014年4月 5日 (土)

消費税増税の次は      ~ゆうてもええかな~

 4月。満開の桜を見て出勤する。いつもの通勤電車に、新入社員が加わっている。名札をつけているわけでもないのに、新入社員と分かるのは、スーツ姿の見た目が初々しいのと、ラッシュ時の電車での立ち居振る舞いが身についていなくて、少しだが、人の流れが悪くなるから、目立ってしまう。
 来週には、この混雑に、新入学生が加わって、さらに混沌とする。自分はこの時期、混雑を避けるため、二本くらい遅い電車に乗る。新入社員は、遅刻しちゃいけないと、早め早めの電車に集まるから、使い古しの自分は、わざと遅刻ギリギリの電車に乗る。その方が確実に空いている。
 ただ、これもゴールデンウィーク明けくらいまで。その頃には新人達も要領を覚えて、遅い方の電車も込んでくる。そうなると自分は、逆に元の時間に戻す。
 この4月から、消費税が8%になった。生活の出費がことごとく上がり、まだ感覚が慣れていない。増税対応がまちまちで、お金を払うときの計算がすんなりいかない。
 従来の価格に3%分を上乗せして、一の位を切り上げるところが多いが、これを機に10円20円値上げするケースも目立つ。便乗値上げか。今まで原料コストが上がっても売値据え置きだったのをここで上乗せしたか。コスト反映なら理解できるし、値上げを責めるのは酷というもの。
 また、きっちり1円単位で増税分のみ上乗せしたケース、本体価格表示に切り替えたケース、様々あって、まだ戸惑っている。世間全体が慣れてきた頃、今度は消費税10%にすると法律で決まっている。面倒な話だが、最後に判断するのは首相だから、実質、予定通りの引き上げは困難と見ている。首相の言う三本目の矢、経済成長戦略が実効無いうちは、さらなる増税は買い控え、消費冷え込みを呼び込み、景気悪化に転ずる危険をはらんでいる。
 桜咲く今、次の経済戦略を打ち出さないと、10%は無理だよ。安倍首相殿。

                         (仲)

                          戻る

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »