« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月25日 (土)

ノロウィルス、インフルエンザ      ~ゆうてもええかな~

 実はここのところ、体調を崩している。体力が落ちているところに、インフルエンザが流行しているだの、ノロウィルスの集団感染だのというニュースが飛び込んでくると、憂鬱になる。自宅にこもりっきりならば、感染リスクは低いが、外出しないわけにはいかない。会社へ行くには、ラッシュ時に電車に乗って、人混みにもまれて出社して、昼飯は飲食店に出かける。病院へ行くと、人の数は少なくても、ウィルスに感染した人に近づく確率は、普段より高い。
 以前にも書いたことがあるし、報道もされているので、詳細はそちらにまかせる。ここでは、自分自身がやっていることを書いてみる。間違っていたら、ご指摘願いたい。
 まず、ノロウィルス。こいつらは口から入ってくる。だから、食事前、トイレ後、帰宅時は手を洗う。液体石けんを使っている。手洗いでウィルスを殺すことはできなくて、時間をかけて流水で流してしまうイメージ。仕事など、1日中外出するときは、ハンカチを2枚用意する。手洗い後はなるべく乾いたハンカチで拭く。
 洗面所やキッチンの消毒は、塩素系漂白剤で。ノロウィルスは消毒用アルコールに強いらしい。もともと自炊はしていない。その日に食べる分だけを買う。乾麺以外の買い置きはしていない。下痢、嘔吐があれば病院に一報を入れて指示を仰ぐ。
 次、インフルエンザ。空中を飛んでいるウィルスが体内に入るのだから、マスクは必須。手洗いも必須。これも液体石けんで。こいつはアルコールに弱いけど、ノロ用手洗いをしていれば、それ以上の手洗いは要らないと思っている。消毒用アルコールは、あれば便利。ドアノブとか、他人が触りそうなところをピンポイントで洗浄できる。高熱が出たら、病院に一報を入れて指示を仰ぐ。
 春になるまでは要注意。ご自愛のほどを。

                          (仲)

                           戻る

2014年1月18日 (土)

日本の食の安全性      ~ゆうてもええかな~

 浜松で起きたノロウィルス集団感染は、給食で提供されたパンに付着して拡散したとして、製造会社に捜査が入った。
 冷凍食品への農薬混入事件についても、未だ詳細が明らかになっていない。包装段階での人為的な混入だろうというところまでは開示されているが、それ以上の情報は出てきていない。
 混入された農薬、マラチオンは、人間に対する毒性が低いため、アブラムシなどの駆除剤として一般的に売られている。1日あたりの許容摂取量は、体重50kgの人で、1mg。体内で分解される性質を持つ。もちろん、毒性が低い物でも、大量に食べたら、有機リン系農薬特有の症状が出てくる。頭痛、吐き気、多量発汗など。
 誰かが何らかの方法で持ち込んだものだろうが、影響範囲が大きすぎる。衣服などに農薬が付着したまま製造ラインに入ったとか、そういうミスとは思えない。農薬そのものを持ち込んだと考える方が自然だ。
 ノロウィルスは、意図的に持ち込む方が難しい。感染者から製造工程に混入したのだろうが、微量でも感染発症するのだから、ウィルスを持ち込んだ人自身が発症する可能性が高い。原料からの混入の可能性がある。
 ただ、これらの事件があっても、日本の食の安全が揺らいでいると騒ぐ声が聞こえてこない。私が聞かないだけかもしれないが、個人、あるいは企業のミスであって、食品産業そのものへの不信感が急激に募る、という状況には見えない。今まで積み上げた実績は揺るがないのか。あるいは、世間が暢気なだけか。もしそうなら、生産者側のチェックも甘くなり、いずれ安全神話は崩れ去る。
 和食文化、日本。伝統を誇るには、土台である安全性維持は必須だ。用心されたし。

                        (仲)

                         戻る

2014年1月11日 (土)

都知事選に元首相出馬か      ~ゆうてもええかな~

 来月投票の東京都知事選で、今週になって慌ただしい動きを見せ始めた。桝添元厚労相支援に自民党が固まるなか、細川元首相の出馬が取りざたされている。来週14日、小泉元首相と会談して、支援を取り付けた上で、正式に表明すると見られている。
 猪瀬知事があっけなく辞職したから、後継者はいない。各党とも次の候補を絞り込む時間が無く、かといって知名度だけで担ぎ出すと、またカネの問題で足下をすくわれるようなことがあってはいけないから、選挙戦を経験した実績を求めたのだろう。だから自民は、桝添氏に絞ったのだろうと思うし、民主も相乗りで調整していた。
 しかし、細川元首相が動きを見せたことで、衆目がそちらに傾いた。脱原発を掲げ、それには小泉元首相の意向が強く働いていると見る。
 当面、国政選挙は、各地の補選しかなく、主義主張を大々的に喧伝するには、都知事選がうってつけだろう。原発再稼働容認の自民党を相手に、小泉元首相が正面から戦うことはできないが、細川元首相と合意できるなら、裏で支援に回ることになる。
 自民は反原発を容認できないから、桝添氏支持で押す構えだし、仮に細川氏が出馬して勝てば、安倍政権にとっても痛手となる。反原発の機運が高まるのは避けたい。電力コストは原発再稼働を折り込んでいるから、あらゆる産業でのコスト押し上げ要因となる脱原発は容認できない。
 民意を問うことはいいけど、都知事選で原発が最大争点になるのはどうかと思う。五輪準備、防災、などなど。実務を進められるか、というのも重要だと思う。

                         (仲)

                          戻る

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »