« 次の都知事は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 都知事選に元首相出馬か      ~ゆうてもええかな~ »

2013年12月28日 (土)

来年の景気は      ~ゆうてもええかな~

 今年も残り少なくなった。昨日が仕事納めだった方も多いことだろう。
 来年こそデフレ脱却といきたいところだ。円安株高傾向を受けて、輸出関連をはじめとして業績が好調に推移する企業が増えたのは事実で、新卒採用が増加傾向だし、冬のボーナス支給額は平均で前年を上回っているようだ。それが消費に回れば底堅く推移するのだろうが。
 円安になっているため、輸入に頼る石油、小麦などの食料品などが上昇傾向で、電気・ガス料金は来年2月に値上げの予定だ。デフレ脱却のための経済政策を打ち出しているのだから、物価の値上がり、インフレ傾向になるのは当たり前で、物価が上昇しても消費を落とさないためには、賃上げがなければならない。輸出が好調といえど、国内消費の回復がなければ、安定した景気回復とはいえない。春闘での賃上げ回答が低調だと、アベノミクスは一時的な刺激で終わってしまうかもしれない。
 来年4月の消費税引き上げ後の経済対策もポイントだ。3月まで、駆け込み需要で一時的に消費が伸びるが、4月に間違いなく、反動で落ち込む。それを7月頃までに回復水準まで戻せるか。物価、税込み価格の上昇があってなお、国内消費を拡大させるためには。収入が増えないと続かない。
 経済成長戦略の効果は、再来年以降に出てくるというくらいのスパンで見ることだろうし、当面は円高差益に牽引してもらうしかないのが実情なのだろう。来年は、良い夢を見たいものだ。

                       (仲)

                        戻る

« 次の都知事は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 都知事選に元首相出馬か      ~ゆうてもええかな~ »