« 徳洲会事件は広がるか      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮№2粛正      ~ゆうてもええかな~ »

2013年11月30日 (土)

防空識別圏、対立      ~ゆうてもええかな~

 中国が23日発表した防空識別圏設定を巡って、緊迫の度合いが高まっている。
 日本は、尖閣諸島を含む東シナ海で防空識別圏を設定しており、また韓国も、領有権を中韓双方が主張している岩礁近海まで防空識別圏を設定している。中国はそれを無視して、尖閣諸島、岩礁を含む広い範囲を一方的に防空識別圏とした。日本、韓国はもちろん、アメリカ、オーストラリア、EUなど各国が抗議したり懸念を表明したりしている。日米韓は通告無しに自衛隊機、軍用機を飛行させており、今のところ中国機のスクランブル発進は無いようだ。中国はスクランブル実行を公表したが、相手側の日本は否定している。
 おそらく、今すぐこの空域で日米と衝突するためではないだろう。尖閣諸島近海の日本の領海に軍管轄の艦船を頻繁に侵入させているように、軍用機の飛行を常態化させ、圧力をかけて、空域からも領有権の主張を強め、領土問題として認めさせる意図が働いたのではないか。もちろん狙いは、東シナ海、さらには太平洋海域への勢力拡大を狙う軍部の思惑が透けて見える。
 ただ、今回の中国の動きはあまりに一方的で、関係諸国は認められない。その対立の構図を作り出したのは中国であって、対外政策面で得るものは無く、中国に対する警戒心を強めるだけだ。
 習金平体制が国内経済も後退傾向で国民の不満が高まっているなかで、政権維持のための打開策が出せずにいる。政策に対する軍部の影響力が強まっているから、今回のような外向きの動きが出る。中国のなかの対立の方が、危険だ。

                        (仲)

                         戻る

« 徳洲会事件は広がるか      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮№2粛正      ~ゆうてもええかな~ »