« 伊豆大島豪雨災害      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 中国爆発事件続く      ~ゆうてもええかな~ »

2013年10月26日 (土)

ホテルで偽装表示      ~ゆうてもええかな~

 阪急阪神ホテルズ傘下のホテルでメニュー表示に偽装があったことが分かった。また、ザ・リッツ・カールトン大阪でも、メニュー表示の偽装があった。どちらも阪急阪神ホールディングスの系列だが、同列で扱っていいものか、詳細はまだ分からない。
 あってはならないことだと思うが、過去様々な業種で偽装が繰り返されたから、またか、と感じてしまうのが情けない。今回の阪神阪急ホテルズもリッツカールトン大阪も、偽装表示ではなく誤表示だとしているが、仮に誤表示であったとしても、遡って確認できただけで過去7年続いていたケースもあり、それを放置していた責任は軽くない。
 偽装表示か誤表示かは、ここでは詮索しない。利用者から見れば、いずれにしても正当な表示ではなくて、間違った情報を元に注文して対価を払っていたことに違いはない。
 正当な表示にならなかったのは、ホテル側がどこかで手を抜いたからだ。付加価値をつけるために、表示だけ変えて中身を変えない手抜き。あるいは、当初は表示と中身が一致していたのに、何らかの理由で中身が変わったときに表示を変えなかった手抜き。または誤って中身が変わったことのチェックを怠った手抜き。どこかの段階で、やるべきことをやらなかった結果だ。
 農業漁業、製造業、サービス業、業種を問わずすべてに共通して言えるのは、手抜きの仕事は相応の評価しかされず、いずれ痛い目に会う。丁寧に仕事をしていれば、問題は起こらないはずだ。今一度、見直そう。自戒を込めて申し上げる。

                        (仲)

                         戻る

« 伊豆大島豪雨災害      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 中国爆発事件続く      ~ゆうてもええかな~ »