« 地球温暖化は人間のせい      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 水銀に関する水俣条約      ~ゆうてもええかな~ »

2013年10月 5日 (土)

オバマケア      ~ゆうてもええかな~

 オバマ大統領の保険制度改革は当選前の公約で、2010年に改革法が成立。10月から始まる来年度予算に盛り込むよう議会に求めていた。しかし野党共和党が多数を占める下院が1年延期を求めて予算案を否決。与党民主党が多数の上院と真っ向から対立して協議が成立せず、この10月、予算の新年度に入った。政府機関の、警察など閉鎖できないところは別にして閉鎖。職員は自宅待機となった。
 日本でも株価が下がったし、インドネシアで開催されるTPP首脳級会議へのオバマ大統領欠席が伝えられると、早くも年内決着に悲観的な見方が蔓延した。交渉レベルでは行き詰まっていて、政治決着しか打開策がないから、主導するアメリカの大統領が来ないのでは結論は先送りになりそうだ。
 国民皆保険制度を、進めたいオバマ率いる民主党、オバマケアと呼び批判して、阻止したい共和党。高額医療費を保険強制加入で補助することに共和党は一貫して抵抗してきた。小さな政府、即ち税収を少なく、政府の役割を小さくしようという考え方からすると、政府が国民皆保険加入の面倒を見ることも意に反するらしい。
 日本では、社会保障制度の充実と財政再建をうたって、消費税率の引き上げを発表したのと、対照的ではある。オバマ大統領としては、せっかく通った医療制度改革法だから、実施をこの10月に迎えたところで譲歩、実施時期の延期を飲むわけにはいかない。
 オバマ大統領の実績って、財政、外交でぱっとしなくて、だから譲れないんだろうけど、他国に迷惑をかけない程度の対立にして欲しいと思うのは、わがままだろうか。

                      (仲)

                       戻る

« 地球温暖化は人間のせい      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 水銀に関する水俣条約      ~ゆうてもええかな~ »