« リニアの止め方      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | オバマケア      ~ゆうてもええかな~ »

2013年9月28日 (土)

地球温暖化は人間のせい      ~ゆうてもええかな~

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が27日、第5次報告をまとめて公表した。地球温暖化の原因が人間活動の結果であることの可能性を95%以上とし、ほぼ断定した形だ。また、気温上昇を2℃以下に抑えることは困難とし、海面上昇を最大82cmと予測した上で、温室効果ガスの排出の抑制を実行することを求めている。
 削減対象として最も注目されるのが二酸化炭素で、石炭石油の消費によって排出する量を抑えること、二酸化炭素を光合成で減らす植物の伐採や焼き畑などでの焼却を防ぐことが叫ばれている。今回のIPCC報告が人間活動の結果を強く押し出したのは、アメリカ、中国、新興国の、経済成長優先で石油石炭消費拡大に歯止めがかからないことに対する警告に思える。
 IPCCの報告など、国連で強調されるのは、平均気温の上昇と海面水位の上昇で、生物や植物への影響、水没地域の増加を懸念している。それは確かに問題で、農林業での被害が拡大することを工業の側で考えることは重要だ。
 それに加えて、提起したいのは、海水温の上昇である。IPCCの報告書に記載があるか、全貌を見ていないので分からないが、海面の水温が上がることも、水位上昇に劣らず影響が大きいと見ている。
 異常気象とされている現象の多くは、大気の状態が不安定になることで起きている。地表近くの気温が高く、上空の気温が低いと、空気が入れ替わろうとして、そこに上昇気流ができる。突風、積乱雲、竜巻の発生要因だが、地表ではなく、海面で上昇気流ができると、水蒸気がたっぷり上空に吸い上げられて、豪雨や台風の元となる。これがアジア地域含む各地の豪雨強風被害が拡大している要因の一つと思っている。漁業被害も想定できる。
 だから原子力拡大、という主張には同意しない。環境への影響が少ない技術を考えよう。50年後の人たちのために。

                      (仲)

                       戻る

« リニアの止め方      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | オバマケア      ~ゆうてもええかな~ »