« 消費税来春引き上げへ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 地球温暖化は人間のせい      ~ゆうてもええかな~ »

2013年9月21日 (土)

リニアの止め方      ~ゆうてもええかな~

 表題は比喩や底意を含むものではない。単純に、停止させるのが大変だろうな、どうやって止めるのかな、という意味。
 JR東海は18日、リニア新幹線の詳細ルートを公表した。品川駅から名古屋駅まで、40分で結ぶという。
 走ったり飛んだりする乗り物は、止めることができなくてはならない。目的地で止まるのはもちろん、緊急時に安全に止めなければならない。従来の新幹線も、最高速度を上げる開発だけでなく、最高速度から停止する技術の開発がされている。特に地震発生時には、素早い減速が、転覆事故防止の上で重要になる。
 リニアモーター車の場合、高速走行時は浮上している。万が一の緊急停止はどうするのだろう。胴体が接地することになるのだろうか。
 リニアだけでなく、あらゆることについて止め方を考えることが、現在の社会には必要で、高度経済成長期のような、とにかく走ることを重視する時代は終わった。例を出した方が分かりやすいか。原子力発電所。効果は絶大だが、廃棄物処理や廃炉の方法を考えることを先延ばしにしたツケが、今の福島第一の汚染水問題となっている。土地開発。温暖化と相まって、水害の被害が大きくなっている。被災地は増えて、復興に時間がかかる。
 リスクへの備えとなろうか。最悪の結果を想定して、悪化する事態を減らす。東海、東南海、南海地震に対して減災すべく備える自治体が増えた。自然災害だけでなく、経営でも、BCP/ビジネス継続プランの考え方が広がっている。
 リニアは難工事になるようだ。リスク対応、怠ること無かれ。

                       (仲)

                        戻る

« 消費税来春引き上げへ      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 地球温暖化は人間のせい      ~ゆうてもええかな~ »