« シリアへ軍事介入か      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 消費税来春引き上げへ      ~ゆうてもええかな~ »

2013年9月 7日 (土)

iPhoneだけが売れるのか      ~ゆうてもええかな~

 今週、docomoからアップルのiPhoneの販売を今月にも開始する旨の報道がされた。docomoは今のところ、肯定はしていなくて、最後の詰めの段階なのか、アップル社が公表するまでは箝口令が敷かれているか。交渉していることは確実のようだ。
 iPhoneは国内ではソフトバンクとauが販売していて、そのせいかどうか分からないが、docomoの契約数が落ち込んでいる。巻き返しを図って、スマートフォンの機種や値引き戦略を展開したが、iPhone導入止む無しとの判断に至ったものと思われる。
 携帯電話市場は、スマートフォン、それもアップルとサムソンの2強状態になっている。国内もスマートフォンが勢いを増して、従来の携帯電話をガラケーと呼ぶことも定着した。スマートフォンは操作性とアプリの利便性で、パソコンユーザ、ゲーム機ユーザの需要も取り込んでいる。すなわち、国内の携帯電話機器、パソコンと携帯ゲーム機の売れ行きが落ち込んでいて、関連メーカーの生産稼働停滞の一因となっている。猛暑での家電販売の伸びがなければ、電機電子業界の立ち直りは遅れただろう。
 筆者はガラケーユーザだが、周囲のスマートフォン移行率は極めて高く、ここ1年での買い換えはほぼスマートフォンで、過半数がiPhoneである。docomoが頑張っても、電話やメールではない、アプリを使ったコミュニケーションツールが流行る以上、同機種が圧倒的に浸透するのは当然。ウィンドウズがマックに圧勝したように。そのパソコンが、アップルのiPhoneに苦しめられている。市場競争は苛烈だ。
 今のところ、対抗できる商品が見当たらない。iPhoneだけが売れるんだろう。当分。

                       (仲)

                        戻る

« シリアへ軍事介入か      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 消費税来春引き上げへ      ~ゆうてもええかな~ »