« 臨時国会と消費税      〜ゆうてもええかな〜 | トップページ | みんな、本音は      ~ゆうてもええかな~ »

2013年8月 3日 (土)

酷暑と原発稼働      ~ゆうてもええかな~

 西日本では猛暑、ところにより経験したことがない豪雨に見舞われ、東北・北陸でも梅雨前線がもたらす豪雨で被害が出た。8月に入って全国で梅雨が明け、これから夏本番の暑さを迎える。
 節電の呼びかけはあるが、クーラーの使用をためらって熱中症になったり体調を崩したりしては本末転倒。私も体調と相談しながら電気を使っている。今のところ、関西での電力需給は間に合っているようだ。
 関西電力では、今の日本で唯一、原発での発電を行っている。大飯原発3、4号機で、この3号機は9月2日に運転を停止して定期点検に入ることが決まった。4号機も、9月中旬までに定期点検のため停止する。
 点検後の再稼働には、原子力規制委員会の認可が必要だが、敷地内の断層が活断層かどうかの結論が出ておらず、国内の他の原発も含めて、年内の再稼働は難しい状況だ。
 電力会社は、原発再稼働が無ければ値上げの構えだ。原油価格はすでに燃料調整費に組み込まれて上げているから、値上げ分は原発と火力発電の運転コストの差額、つまりは赤字の穴埋めである。原油価格上昇分の転嫁は、理解できなくはないが、発電方法の選択は経営判断だから、その結果の価格転嫁は、納得したくない。
 直近の福島第一原発での汚染水漏洩を見れば、東電が事故処理能力に欠けているのは明確で、他の電力会社の対処能力もほぼ同じと見ている。これだけ高リスクの方法に固執する経営陣が解任されないのが、一般企業で働く私には、不思議でならない。電力不足で景気悪化なんて、勘弁して欲しい。

                        (仲)

                         戻る

« 臨時国会と消費税      〜ゆうてもええかな〜 | トップページ | みんな、本音は      ~ゆうてもええかな~ »