« TPP交渉の行方      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | iPhoneだけが売れるのか      ~ゆうてもええかな~ »

2013年8月31日 (土)

シリアへ軍事介入か      ~ゆうてもええかな~

 シリア情勢が緊迫している。アサド政権と反体制組織との衝突に、アメリカが介入しようとしていて、駆け引きが活発だ。
 シリアは一昨年、『アラブの春』と言われる一連の民主化デモを発端として、事実上の内戦状態に入っている。アサド政権側は、強固な軍備によって、反体制派を武力で鎮圧しようとし、反体制派は激しく抵抗した。もともと、イスラエルとの緊張状態やクルド人問題を抱えていたため、反体制派の背景は単一では無いようで、宗教的な一面もあるようだ。一方、アサド政権側はロシアと友好関係にあり、政府軍の武装もロシアから購入している。
 先週の8月21日、ダマスカスで化学兵器による攻撃を受けた市民から多数の死傷者が出た。使用兵器の特定はまだされていないが、国境なき医師団によると、被害者の症状は神経ガスによるものと断定している。国際社会はアサド政権を非難し、政権側は反体制組織が使用したと反論している。誰が、どのような目的で使用したか、その化学兵器をどこから入手したか分からないが、欧米はアサド政権が使用したとして、軍事介入の検討を始めた。
 国連は対応の結論が出せない。ロシアが、おそらく政権側の立場から介入に反対している。だから欧米は国連の判断を待たず介入を検討。ただ、イラク戦争開戦から泥沼に陥った際の反省があって、イギリス首相は軍事介入への不参加を決めた。アメリカも地中海の艦船からのミサイル攻撃に留まりそうで、そうなればアサド政権を倒すほどの打撃力はない。
 隣国イラクも不安定、トルコとの国境は封鎖。イスラエルとの緊張状態、国内の混乱。今回の介入がシリア情勢を良くするとは思えないが、解決策も見えない。アラブの春は、終わっていない。

                        (仲)

                         戻る

« TPP交渉の行方      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | iPhoneだけが売れるのか      ~ゆうてもええかな~ »