« 中国・シャドーバンキング      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 酷暑と原発稼働      ~ゆうてもええかな~ »

2013年7月27日 (土)

臨時国会と消費税      〜ゆうてもええかな〜

 参院選が終わり、それを待っていたようなタイミングで、日本はTPP交渉へ参加した。環太平洋地域で仲良くするのはいいが、日本が保護したい分野は他国は参入したいところで、権益を確保するにはタフな交渉術が必要だ。中国経済の先行きが怪しくなっているところだから、参加することに反対はしない。頑張って交渉してくれ。
 秋には臨時国会が召集される。内閣改造や自民党役員人事が取りざたされているが、大規模なものにはなるまい。それより、臨時国会の開会中に、消費税増税が重要な局面を迎える。
 法律では、来年4月に消費税の税率を8%に引き上げる際、景気動向を見極めることになっている。その時期が10月頃。4〜6月期のGDPなどをみた上での判断となろう。閣議決定を経て、来年度予算に盛り込まれて通常国会に入ってしまえば、止めることができない。増税反対派が抵抗するなら、9月が重要ということになる。
 TPPも消費税増税も、参院選では主な争点にならず、野党が自壊した形で、今後の政局運営は主に自民党内部の駆け引きが反映されるとみられる。どちらも自民党内に、反対派というか、支援母体に賛成と言えない議員がいるわけで、安倍降ろしの動きで揺さぶって、主導権を握ろうとする動きが出てくる。
 安倍首相は、衆参のねじれ解消したからには、憲法改正、安全保障の問題を進めたいのだが、下手に動いて安倍降ろしの口実を与えるのは避けたい。だから、当面は安全運転するしかないのだ。
 当面とは、いつまでか。2年後の自民党総裁選挙が目処。選挙に勝っても、安心できない。

                      (仲)

                       戻る

« 中国・シャドーバンキング      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 酷暑と原発稼働      ~ゆうてもええかな~ »