« 節電、再稼働、MOX燃料      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 猛暑、熱中症      ~ゆうてもええかな~ »

2013年7月 6日 (土)

参院選の後は      ~ゆうてもええかな~

 参議院選挙が公示されたばかりだが、焦点がぼやけていて、考えがまとまらない。だから、あえて、その次を考えたい。我ながらへそ曲がりだと思う。
 この参院選に自民・公明が圧勝すると、衆参のねじれが解消し、安倍政権の基盤が固まる。衆議院議員の任期はあと三年半ほどあり、解散がなければ、三年後の次回参院選までの長期政権もあり得ると見られている。だが、解散は無いか。
 自民党内の権力闘争があって、安倍首相が政権運営を誤れば、党首交代、政局化の動きも出る。消費税、経済、TPP、安全保障、憲法改正、電力行政と、一つ間違えれば命取りになる案件が山積みである。
 また、衆議院には、一票の格差の問題がある。前回総選挙について高裁判決で違憲、中には選挙無効の判断が出ていて、最高裁判決を前に6月24日、定数是正・区割り変更法案が再可決を経て成立した。0増5減となるが、新しい区割りで衆院選を行うまでは、違憲状態が続く。この動きを、最高裁がどう汲んで、どのような判決を下すのか。対策済みとして現状を容認するか、違憲状態を解消するよう意見をつけるか。容認した場合でも、違憲状態で成立した安倍政権の正当性を巡って政局化、いわゆる安倍降ろしの契機となるなら、安倍総理の決断で早期解散、という可能性も残っている。
 経済牽引を背景にして、今回の参院選は議席数を伸ばす勢いの自民党だが、今夏の国内消費の伸び、中小企業の業績や雇用の状況が改善されないと、実体の景況が追いつかずに景況停滞、消費税率引き上げ判断次第で政局が流動化しかねない。私はけっこう危うい道を歩いていると思うが、まあ、この参院選は自民党が勝つかな。民主党の敗北と言ってもいいけど。

                       (仲)

                        戻る

« 節電、再稼働、MOX燃料      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 猛暑、熱中症      ~ゆうてもええかな~ »