« 飛ぶボールでもいいけれど      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 参院選の後は      ~ゆうてもええかな~ »

2013年6月29日 (土)

節電、再稼働、MOX燃料      ~ゆうてもええかな~

 7月。節電の夏を迎える。6月末現在、稼働している原発は大飯の2基だけで、それ以外は再稼働申請の動きがあるものの、今夏には間に合わない。主に火力発電でまかなうことになる。
 値上げとか、株主総会とか、関連ニュースのなかで、MOX燃料について見てみる。27日、高浜原発に、使用済み核燃料を処理したMOX燃料が搬入された。フランスに再処理を頼んでいて、引き取る前に福島第一原発の事故があって、搬入が延期されていた分である。フランスに預けっぱなしで文句を言われて引き取ったけど、どうするかが確定していない。
 使用済み核燃料には、プルトニウムが含まれる。放射性物質は、放射線を出して安定な物質になるのだが、安定するまでの期間がプルトニウムは長い。だからプルトニウムを廃棄物にしないで燃料に使おうとしたのが高速増殖炉だが、もんじゅは問題連発で停止中。現状、ウラン燃料と混ぜたMOX燃料として軽水炉型の原発に使うプルサーマル方式で、プルトニウムを消費する。これが推進派の代表的な主張。
 反対の意見。プルトニウムは核反応するとき、ウランより高温になるので、燃料にプルトニウムが集まった場所があれば、原子炉内の温度が偏って、危険性が高まる。軽水炉はMOX燃料対応で設計されていない。双方の代表的な主張をざっくり言うと、こうなる。
 産業界は、設備や燃料にかかったコストを電力に変えて回収したい。住民や反対派は、危険があるから止めたい。
 節電要請は、電力需要の安定化をお題目にしているが、電力会社側は、原発稼働なら節電しなくて良いという方向に世論を誘導したいのが本音と思っている。
 使用者の我々はどうしよう。無理ない範囲で節電、かな。電力料金を抑えるために。

                    (仲)

                     戻る

« 飛ぶボールでもいいけれど      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 参院選の後は      ~ゆうてもええかな~ »