« 橋下発言      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | レスリングは五輪に残るか      ~ゆうてもええかな~ »

2013年5月25日 (土)

放射性物質漏出      ~ゆうてもええかな~

 25日、日本原子力研究開発機構は、東海村の素粒子実験施設で放射性物質が施設外に漏れたことを公表した。実際に事故が起きたのは23日で、国や茨城県への通報は1日半遅れた。
 漏れた、と書いたが、実際は実験施設内の放射線量が通常の10倍になったために換気ファンを回した、その排気路が施設外につながっていて拡散したというから、自ら放出したようなものだ。研究員4人が被爆し、その他に出入りした50名ほどが検査中。今のところ、周辺環境に異常は無い。
 少量であっても、放射性物質を外部に出し、その通報が遅れた。周囲から見れば管理がずさんで、危機意識が低い。原子力機構は、高速増殖炉もんじゅの管理もしており、1万件に上る点検漏れがあったことから、原子力規制委員会が再稼働に向けた作業を停止するよう求めたばかりだ。東海村の研究員個人の資質ではなく、組織全体の放射性物質管理の意識に問題があると考えるべきだろう。
 敦賀原発では先週、2号機の建屋直下の断層が活断層であると原子力規制委が認定し、日本原電は反発して、独自調査の結果を7月にも出す構えだ。個人的には、原子力規制委は断層調査に注力しすぎで、原子炉そのものの安全性の調査がおろそかと思われるのが疑問だが、再稼働に向けてなりふり構わぬ日本原電の対応も、放射性物質を扱う当事者意識が感じられない。
 有害物質の規制は、汚染度と経済界の要求とが天秤にかけられてきた。水銀、PCB、フロン等々、挙げればこの欄に書ききれない。何十年後か、放射性物質規制も同様に厳しくなる。周辺住民の不安が高まれば、規制強化に拍車をかける。危機意識を強く持ってほしい。

                     (仲)

                      戻る

« 橋下発言      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | レスリングは五輪に残るか      ~ゆうてもええかな~ »