« 地震は必然      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 憲法改正論議      ~ゆうてもええかな~ »

2013年4月27日 (土)

グランフロント大阪 街開き      ~ゆうてもええかな~

 大阪駅の北側に26日、グランフロント大阪が街開きを迎えた。商業施設、オフィス、研究施設にホテル、タワーマンションを含む複合施設で、大阪駅と通路で直結している。大都市のターミナル駅に直結した施設としては最大級だそうだ。初日から人であふれかえった。
 ここは、梅田貨物ターミナルの広大なヤードがあって、長年手つかずだった。国鉄時代の負債返済のため、段階的に整理して売却し、先行の東側で施設が完成し、26日のオープンにこぎつけた。残りの用地は、順次開発される予定になっている。
 大阪駅周辺は、阪急、阪神の両私鉄ターミナル直結の百貨店に、JR駅ビル(南側)の大丸百貨店がしのぎを削っていたところへ、北側駅ビルへ三越伊勢丹が入り、競争が激化していた。そして、グランフロント大阪がオープン。集客の起爆剤となるか、奪い合って沈下するか、ここが正念場である。
 商業施設は充実、マンションは全戸完売と、好調なスタートだが、残念ながら、オフィスフロアのテナント入居率が2割しかない。一等地の新築ビルだから賃料が高いのが一因、と言われているが、2割は低すぎる。
 大企業の損益は上向いている。デパートに買い物に行こうかという購買層は回復しつつある。しかし、企業全体にテナントを埋めるだけの体力が戻っていないし、従業員の給料への反映もまだ一部分に留まっている。この経済状況を、グランフロント大阪ははっきり示しているように思う。
 テナントが埋まるところまで企業の活動が戻ってくれば、経済回復、インフレ目標に耐える状況になると見ている。先行きに注目したい。

                       (仲)

                        戻る

« 地震は必然      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 憲法改正論議      ~ゆうてもええかな~ »