« G20と春闘      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 津波警報が変わる      ~ゆうてもええかな~ »

2013年2月23日 (土)

TPP交渉参加へ      ~ゆうてもええかな~

 昨年末の安倍首相就任後初めてとなる日米首脳会談が日本時間の23日行われ、当初予定になかったオバマ大統領との共同会見に臨んだ。注目されていたTPP交渉への参加について、すべての品目を交渉対象とするものの、全品目関税撤廃の約束を事前に求めるものではない、という内容で合意した。
 安倍首相の成果とする報道があるが、実際はどうだろう。当初、首相就任後の初外遊先をアメリカにする意向で、1月の首脳会談を申し込んだが、アメリカは日程を理由に断った。オバマ大統領側の思惑は、TPP交渉参加という手土産があるなら1月に会うが、就任挨拶だけなら後にしてくれ、ということらしい。それで2月も下旬になってから仕切り直してもなお、当初アメリカ側は共同記者会見を設定しなかった。手土産無しだとこの扱いだよ、とクギを刺したのではないか。それほど、オバマ大統領にとってのメリットを求めていた。得点稼ぎになりふり構わず、余裕のなさが感じられる。
 そこへ、安倍首相が行って、話をするうち、TPP交渉に引き込めそうな空気を感じ取って、すりあわせをして、共同声明を出した。手土産をもらったアメリカ側が改めて歓迎した形だ。
 安倍首相が『聖域の存在確認』を引き出したとされるが、アメリカは非課税品目を認めたわけではない。事前に約束しなくても良いけど、交渉はするよ、と言っているわけで、強く押せば日本は引くだろうと思っているとすれば、譲歩でも何でもない。TPP交渉がタフなものになるだけだ。
 国内でも、いや、自民党内でも、TPP交渉参加、関税撤廃に反対する農林族などの勢力がいて、党内の意見集約も難航する。夏には参議院選を控えているので、混乱が長引くと、他党に攻撃材料を与える。明日からが大変だな。安倍首相。

                      (仲)

                       戻る

« G20と春闘      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 津波警報が変わる      ~ゆうてもええかな~ »