« さあ、国会      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | レーダー照射も、PM2.5も      ~ゆうてもええかな~ »

2013年2月 2日 (土)

オリンピック代表にも暴力      ~ゆうてもええかな~

 体罰と呼ぶべきでないと考えるから、暴力と書いた。
 三週間前に、高校の部活動での暴行事件について書いたばかりだが、その後も他校での事例が報道され、さらに広がるかと思って見ていた。そうしたら、オリンピック女子柔道代表の監督とコーチが、暴力行為やパワーハラスメントを受けた選手に告発されていたことが分かった。園田監督は辞任した。
 いい大人相手に、暴力をふるって指導と呼ぶなど、思い違いも甚だしい。いや、子供相手ならいいというわけではなくて、子供は暴力をふるわれても大人の指導者相手に逆らうのは難しいだろうが、世界トップクラスの選手なら抗議の一つもできそうなものだ。それなのに、指導者に文句を言えず、15人揃って告発文を出すまで選手を追い詰めてなお、指導と言うのはおかしくないか。
 思いが相手に伝わらなくて手が出てしまった、と言う。日本代表選手の指導者だろうが、学校の指導者だろうが、そう言った時点で、指導者としての資質に問題があると思うべきだ。手を出すこと以上に効果的な指導ができないのだから、それを必要な体罰と認める指導者、指導させる連盟、学校、教育委員会といった組織は、指導方針を考え直す機会と捉えた方がいい。
 スポーツに限らず、指導する人は、その方法を体験に頼りがちだ。自分が指導を受けた体験、過去の指導で成功した体験。実際の指導で成果が上がらないとき、体験に基づく指導を強化するのではなく、指導法を見直すことができる資質を備えていることが望ましいと思うが、如何。

                       (仲)

                        戻る

« さあ、国会      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | レーダー照射も、PM2.5も      ~ゆうてもええかな~ »