« 民主党解体解散      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 総選挙、第三極の政党      ~ゆうてもええかな~ »

2012年11月23日 (金)

総選挙、政党も争点も乱立      ~ゆうてもええかな~

 総選挙の公示を前に、政党や政治家の動きが慌ただしくなっている。政党が合流したり、それを野合だと批判したり。離党して別の党から公認を取り付けたり、それを当選したいがための保身と決めつけたり。私個人の考えとしては、動く人たちも批判する人たちも、やりたいようにやればいいと思う。言動に理があると思えば投票するし、理解できないなら投票しない。選挙後に大連立を組むより、投票前に判断できるだけマシだろう。
 今回の選挙戦は争点が多い。まだすべての政党の公約が出そろってないが、選ぶ側から見て、消費税、経済成長、安全保障、外交、憲法問題、原発問題、TPP、地方分権、年金などの社会保障制度……挙げていけばきりがない。争点が多いから政党も多いのかもしれない。政権与党が民意をまとめることができていれば、党を割ることも、国民に問う必要もなかったはずだ。
 例えば、TPP交渉参加の是非。消費増税を突かれたくない野田総理が争点攪乱のために持ち出した問題であって、民主党内でも意見が集約できていない。関税が低い方がいい産業界と、関税で保護されている農林水産業などが対立したまま争点とするのは、乱暴だと思う。市場での競争力を維持できる対案を示さずに国民に判断させるのは、政治家の怠慢ではないか。
 デフレ対策。野党の公約に市場が反応して、円安、株価上昇に振れるのをおかしいとは思わないか。原発。総論賛成各論反対のまま、節電を続け、かつ電気料金引き上げを容認するのか。……言い出すときりがない。有権者には一票しかないから、判断材料になるような政策論争を望む。

                        (仲)

                         戻る

« 民主党解体解散      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 総選挙、第三極の政党      ~ゆうてもええかな~ »