« 改めて、混ぜるな危険      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 製造業苦境続く      ~ゆうてもええかな~ »

2012年10月27日 (土)

石原新党の勝負手      ~ゆうてもええかな~

 25日、石原都知事が辞職し、新党を結成して次期総選挙に出馬すると表明した。都知事を14年、4期目半ばでの辞職である。国政に戻るタイミングはここと判断したのだろう。29日召集の臨時国会は、解散含みの攻防戦になる。第三極勢力として名乗りを上げ、与野党に波紋が運が広がった。
 石原氏80歳、総理大臣の椅子を狙って、次の総選挙で勝負するのだろう。民主党は、延命を図る野田・輿石コンビと、野田体制で選挙になると落選しかねないと焦る議員との駆け引きで忙しい。自民党は、安倍総裁の印象が強いあいだに総選挙に持ち込みたいが、第三勢力の動きが激しい印象の方が強くなりつつあるから、そちらの準備が整う前に解散に持ち込むのに忙しい。
 そこへ石原新党結成の一手。民主党からも同調者が出る可能性がある。内閣不信任案決議の際に賛成に回り、新党に合流すれば、民主党政権を批判しやすい。選挙運動にも有利と見るようだ。
 その他の政党からも議員を吸収するが、これだけでは弱い。石原氏は政界に敵が多く、第三勢力の結集というところまでは難しい。そこで連携を模索しているのが、橋下大阪市長率いる日本維新の会。橋下代表自身は、次の総選挙には出ない。大阪府知事職を任期満了待たずに市長選に出たから、市長は最低一期務めなければ、有権者が離れかねない。石原氏は、維新の会と連携するか、または引退後の後継者は橋下市長、と印象づけられれば、橋下市長の知名度を利用できる。
 総理の座への短期決戦、石原新党の次の手は、如何に。

                        (仲)

                         戻る

« 改めて、混ぜるな危険      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 製造業苦境続く      ~ゆうてもええかな~ »