« 中国反日デモに続く対日圧力      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 臨時国会いつ開く      ~ゆうてもええかな~ »

2012年9月29日 (土)

環境税施行目前      ~ゆうてもええかな~

 領土問題でごたごた、党首選でばたばたしている。それらのニュースの隙間に、環境税10月1日施行というのが挟まっていた。
 環境省のホームページで確認すると、環境税などの税制のグリーン化として、『地球温暖化対策のための税』という題目の説明が出ている。そこには、CO2ガス排出削減を目的として、その発生源である化石燃料に対して課税し、省エネや再生可能エネルギー推進に活用してCO2ガス排出抑制を強化する、と、耳障りの良い言葉が並べてある。
 続いて書いている課税の方法を見た。もともと化石燃料である石油・石炭・天然ガスには、石油石炭税なるものが課税されている。そこへ新たに地球温暖化対策税を設けて、石油石炭税に上乗せする形で徴収する。何のことはない、石油石炭税を引き上げたのと同じだ。税収の用途を省エネや再生可能エネルギー導入推進に限定しているわけでもない。
 課税すれば、石油石炭の消費に応じて消費者の負担が増加しますね、だから各家庭や企業での省エネ・再生可能エネルギー導入が進みますね、そしたらCO2ガスの排出が減りますね、という寸法だそうだ。たばこ税増税の論理とそっくりだ。
 課税されると、電気代ガス代、ガソリンに灯油などの価格に上乗せされるだろう。節電は、家庭でも企業でもへとへとになりながら進めている状態。そこへさらに追い打ちをかけると、ますます経済活動が萎縮する怖れがある。
 ちなみに、目的のところに、原子力依存低減云々と書いてあるが、後付けだね。税制大綱には書いてないし、環境税などは、平成17年から検討が始まっている。原発事故以前は、政府は原子力推進だったはず。都合のいい言葉を盛り込むのは、やめなさい。

                         (仲)

                          戻る

« 中国反日デモに続く対日圧力      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 臨時国会いつ開く      ~ゆうてもええかな~ »