« 節電期間終了後、原発は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 中国反日デモ拡大      ~ゆうてもええかな~ »

2012年9月15日 (土)

iPhone5は経済を救うか      ~ゆうてもええかな~

 先日、米アップル社が、iPhoneの最新機種『iPhone5』を今月21日に世界同時発売すると発表した。私のところにも、家電量販店から予約受付のメールが届いた。買う予定はないけど。私の携帯電話はD社。家族割引適用なので、私一人だけiPhoneに乗り換えられない。
 景気低迷で明るい話題が欲しいところだから、期待したい。携帯端末は、各社ともタブレット端末との連携での売り込みに躍起で、iPhone5が爆発的に売れなくても、デジタル端末の世代交代需要を掘り起こすことができれば、景気浮揚に役立つだろう。
 iPhone5が爆発的に売れなくても、と書いたのは、スマートフォン単体での目新しさ、需要喚起が難しくなりつつあるように見えるからだ。スマートフォンを持っていないから欲しい、豊富なアプリが魅力的、そういったユーザーには、すでにほぼ行き渡っていて、新規より買い換え需要が多くなってきている。iPhone5は高速通信がウリ。それでどこまで販売を伸ばせるか、だが、垂直立ち上げは難しいかも。緩やかに販売台数拡大していくのではないだろうか。
 スマートフォンに限らず、経済を牽引するような商品がなかなか見当たらないのが現実だ。任天堂が新型ゲーム機『Wii U』発売を発表したが、ゲーム機のライバルはゲーム機だけではなく、スマートフォンのアプリだから、差別化が難しい。『3DS』の雪辱なるか。
 不況でも買いたい商品。太陽光発電は、量産したら液晶パネルみたいに値崩れする怖れがある。シニア向け市場が大きそうだが、具体的なアイデアは私の頭では浮かばないなあ。残念。

                          (仲)

                           戻る

« 節電期間終了後、原発は      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 中国反日デモ拡大      ~ゆうてもええかな~ »