« 隣国との摩擦・竹島の場合      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | オスプレイ配備間近か      ~ゆうてもええかな~ »

2012年8月25日 (土)

竹島を巡るドタバタ      ~ゆうてもええかな~

 李明博大統領の竹島上陸問題が、日韓両政府の非難合戦に発展している。『外交の品位』云々と外相が曰っていたが、それ以前に外交の体をなしていない気がする。
 竹島は日本の領土で、そこへ韓国大統領が上陸したという行為は、抗議して当然だし、竹島の領有問題を国際司法裁判所に提訴するのは正しい対応だと思う。
 李大統領にとって、日本がここまで強く出てくるのは予想外だったようだ。韓国政府の、自国の主張を繰り返し日本の対応を非難する、その反応の速さが、逆に日本の強硬な態度に慌てているように見える。野田総理の親書を突っ返したのも、受け取ったあとの対応が難しくて放り出した感がある。
 複数の情報から、李大統領の真の狙いは従軍慰安婦問題を進展させることで、日本側が応じなかったため、何か行動する必要に迫られて竹島に行った、ということらしい。これが本当なら、竹島上陸と、天皇の謝罪に言及したことは、失策だと思う。今、日本政府は、韓国に限らず、中国、北朝鮮など、諸外国と交渉する役割が機能していない。情報収集能力が落ちているのだ。任期切れが近い李大統領の焦り、挽回の行動の情報が政府に事前に伝わっていれば、事態は変わっていただろう。従軍慰安婦問題で譲歩せよという意味ではない。大統領が行動する前に対応を検討して警告することで、行動を阻止できなかったか。それが効果的な外交ではないかと思う。素人の浅知恵なのかもしれないが。
 重ねて言うが、李大統領の行動と発言の正当化は許せない。ただ、野田政権に事態を打開する力はない。しばらくにらみ合い、非難の応酬が続くのだろうか。
 そうそう。尖閣諸島は、中国海軍の指示で上陸を狙って来るかもしれないから、海域警備の増強が必要だと思う。きっと。

                       (仲)

                        戻る

« 隣国との摩擦・竹島の場合      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | オスプレイ配備間近か      ~ゆうてもええかな~ »