« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月25日 (土)

竹島を巡るドタバタ      ~ゆうてもええかな~

 李明博大統領の竹島上陸問題が、日韓両政府の非難合戦に発展している。『外交の品位』云々と外相が曰っていたが、それ以前に外交の体をなしていない気がする。
 竹島は日本の領土で、そこへ韓国大統領が上陸したという行為は、抗議して当然だし、竹島の領有問題を国際司法裁判所に提訴するのは正しい対応だと思う。
 李大統領にとって、日本がここまで強く出てくるのは予想外だったようだ。韓国政府の、自国の主張を繰り返し日本の対応を非難する、その反応の速さが、逆に日本の強硬な態度に慌てているように見える。野田総理の親書を突っ返したのも、受け取ったあとの対応が難しくて放り出した感がある。
 複数の情報から、李大統領の真の狙いは従軍慰安婦問題を進展させることで、日本側が応じなかったため、何か行動する必要に迫られて竹島に行った、ということらしい。これが本当なら、竹島上陸と、天皇の謝罪に言及したことは、失策だと思う。今、日本政府は、韓国に限らず、中国、北朝鮮など、諸外国と交渉する役割が機能していない。情報収集能力が落ちているのだ。任期切れが近い李大統領の焦り、挽回の行動の情報が政府に事前に伝わっていれば、事態は変わっていただろう。従軍慰安婦問題で譲歩せよという意味ではない。大統領が行動する前に対応を検討して警告することで、行動を阻止できなかったか。それが効果的な外交ではないかと思う。素人の浅知恵なのかもしれないが。
 重ねて言うが、李大統領の行動と発言の正当化は許せない。ただ、野田政権に事態を打開する力はない。しばらくにらみ合い、非難の応酬が続くのだろうか。
 そうそう。尖閣諸島は、中国海軍の指示で上陸を狙って来るかもしれないから、海域警備の増強が必要だと思う。きっと。

                       (仲)

                        戻る

2012年8月18日 (土)

隣国との摩擦・竹島の場合      ~ゆうてもええかな~

 今週は3本立て。ここでは韓国・李明博大統領の言動について。
 10日、島根県竹島に李明博大統領が上陸した。現職大統領としては初めてのことである。そして14日、天皇が韓国を訪問するなら、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさい、と発言した。
 この両件ははリンクしていて、どちらも反日・抗日の姿勢を国内に示す意図での行動であり発言であるが、後者は勇み足か。天皇陛下の訪韓は予定も計画はなく、要請もしていない。しかるに日本国の君主に対して、来訪時の謝罪要求をする必要があろうか。周囲が諫めたか、翌15日の演説では竹島に触れなかった。
 一連の報道から、李明博大統領の焦りが見える。先月、大統領の実兄が不法資金調達容疑で逮捕、大統領側近にも不正疑惑が出ている。大統領本人は来年2月に任期満了で退任する。その後、訴追の手が我が身に及ぶのを避けるべく、自身と党の支持率を上げて、世論を味方につけたい。国内経済の立て直しとか、実効的な政策を打ち出すのが無理なとき、敵を作って叩くのが常道。反日で盛り上がるのはそのためである。
 次期大統領も困るだろう。反日・抗日行動がエスカレートしたわけで、同じレベルの対応をしないと、前政権より日本寄り、と取られてしまう。
 さて、日本政府も対抗しなければならない。韓国の竹島占拠の件を国際裁判所に提訴する。両当事国の了解がなければ開廷しないが、提訴して国際問題化するべき。また、通貨スワップ協定規模拡大の停止やFTA交渉の延期など、日本の主権を守る立場で対応するのは、報復ではなく、外交交渉の範疇だろう。政府のお手並みや、いかに。

                        (仲)

                         戻る

隣国との摩擦・尖閣諸島の場合      ~ゆうてもええかな~

 今週は3本立て。ここでは中国人の尖閣諸島上陸について。
 15日、香港の活動家ら14人が、尖閣諸島の西方から船で日本領海を侵犯し、海上保安庁の警告を無視して魚釣島に接近、上陸した。そのうち5人を沖縄県警が出入国管理法違反容疑で現行犯逮捕、残る9名も海上保安庁が船上にて同容疑で逮捕した。沖縄県警による取り調べの後、出入国管理法以外の不法行為はなかったとして、身柄を送検せず、強制送還とした。
 この場合、不法上陸者についてどのような罪に問えるか、探してみたが、なかなか無い。強いて上げれば、軽犯罪法にある『入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入った者』に該当するくらいか。私有地で国が借りている土地で、許可無く入ることを禁じている場所だから、該当しそうだが、そのことだけで起訴して裁判まで、となると、難しい。外交ルートで抗議すると共に、再発防止のため警備を強化するのが適切だろう。
 強制送還で終わらせていいのか。忸怩たる思いはある。中国旗と台湾旗を掲げていたことから、個人や一団体の活動とは思えず、10日の韓国大統領竹島上陸を見て、尖閣諸島は日本がどう対応するか様子を見たいという中国政府の意図を感じるからだ。
 これからも、ちょくちょく来るよ。抗議団体、漁民、いろんな形で、中国の保護を受けて。国が、入れない方策、領土保全対策を講じなければいけない。少なくとも、近づいたら厄介だと思わせないと、この手の不法入国は止まないよ。

                        (仲)

                         戻る

隣国との摩擦・北方領土の場合      ~ゆうてもええかな~

 今週は3本立て。ここではロシアの思惑について。
 先月、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土の国後島に上陸し、一寸たりとも領土は渡さないと息巻いて強硬姿勢を示した。たぶん、国後島行きはプーチン大統領も了解してのこと。あるいは、指示してのことか。
 野田首相とプーチン大統領は首脳会談で、領土問題に関する交渉を再活性化させることで一致していたが、その後、消費税増税法案でいっぱいいっぱいの野田政権は、具体的な進展をさせられずにいる。
 プーチン大統領との合意とメドベージェフ首相の行動は、矛盾していない。ロシアは国後・択捉島を手放す気がない。返還交渉を考えてもいいのは歯舞諸島と色丹島だだけということだろう。でもそれでは、日本国民は納得できない。
 ロシアは極東開発に乗り出している。有力な取引先が中国を中心とする東~東南アジアにあるため、西側から航路では遠い。北極海航路やシベリア鉄道高速化整備も進んでいるが、原油・天然ガスなどは極東で掘って出せれば早い。航路確保と海底資源確保の両方の意味で、極東、樺太と千島を開発したいと考えている。それも、開発は他国企業と組んでやらせて、メドが立ったら利益は自国に。日本企業も『サハリン2』を法規制違反で追い出された。6年前の話である。
 ロシアは、北方領土を返さないために、日本が領土問題でどう対応するか、竹島や尖閣諸島をどう守るのか、外交手腕はどの程度か、そういった日本の動きを注目している。領土交渉は二国間の駆け引きのみで語れない。ご用心、ご用心。

                        (仲)

                         戻る

2012年8月 4日 (土)

足下ぐらつく野田政権     ~ゆうてもええかな~

 4日、森本防衛相が話題のオスプレイに試乗した。予定通りの配備ありきで、安全性確認を進める様子は、大飯原発再稼働時の政府対応と重なってみえる。
 ただ、野田政権自体が、オスプレイより危なっかしくなっている。あれだけ大騒ぎして6月26日に衆議院を通した消費税増税法案の、参議院採決の日程がまだ決まらない。もたもたしているうちに、8月3日、自民公明を除く野党7党協調して、消費税増税阻止を狙って内閣不信任決議案を提出することを決めた。
 自民公明両党は、民主党との3党合意があるから、他の野党、というか小沢氏がとりまとめた内閣不信任決議案に同調しなかったわけだが、この3党合意も盤石ではない。
 内閣不信任案は、自民公明含む野党と、党内の鳩山グループが賛成すれば、通ってしまう。そこで民主党は、これ以上離反しないように党内をまとめる時間が欲しい。だから消費税法案の参院採決は8月20日にしたいと自民党に申し入れ、遅すぎると猛反発を食らい、小沢氏も動いたため、お盆前の来週採決で調整するよう野田首相が指示を出した。自民党の機嫌を損ねると我が身が危ない。
 自民党もまた、一枚岩でない。幹部は早期に消費税法案を通してから解散に持ち込むつもりだが、党内若手から、3党合意を破棄して解散総選挙を戦うべきだと突き上げを食らっている。自民党も今や、派閥領袖で舵取りできない。
 3党合意には、総選挙後も民主自民公明のうち、最大勢力が政権を取り、他の2党が閣内か閣外で協力する体制も見込んでいたようだが、民主党が鳩山派取り込みに手間取っている間に、一気に情勢が流動化した。
 永田町の嵐で、消費税法案まで揺れている。どうする気なんだ、いったい。

                         (仲)

                          戻る

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »