« いじめと自殺の因果関係     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 原発論議で小細工するな     ~ゆうてもええかな~ »

2012年7月14日 (土)

議員の生活が第一     ~ゆうてもええかな~

 今週11日、民主党を離党した小沢氏が、新党を結成した。党名『国民の生活が第一』。離党時に国会内での会派として届け出た名称を変えず、そのまま党名に使った。政党の看板としては異例だが、意図は分かりやすい。
 政党名というよりスローガンに近い文言を使った理由は、おそらく次回総選挙用。党名にすれば、選挙前も選挙中も、我が党は国民の生活が第一と、堂々と前面に出せる。ポスターであろうが、報道であろうが、正式名称だから、党名が出れば即ち主張も出ることになる。
 次回総選挙の時期。関係者の思惑は、野田首相は、今解散したらボロ負け確定なので先送りしたい。自民党幹部も、消費税増税法案に賛成した直後の選挙は避けたい。谷垣総裁だけは、このままだと秋の総裁選で負けそうだから、党首であるうちに解散に持ち込みたい。小沢新党代表は、増税反対で票を集めたいから、早く解散させたい。狙いは衆議院での内閣不信任案可決。そこでカギになるのが、社民党などの野党との共闘と、民主党に残る鳩山派を取り込めるかどうか。勝算はともかく、小沢氏最後の勝負の筋書きは、こうだと見ている。
 解散、総選挙になれば、早かろうが遅かろうが、衆議院の勢力分布はがらりと変わる。そこで小沢氏は当選した議員を集めて『国民の生活が第一』党を再編する。今度は政党らしい名称にして。
 追い込まれて新党での勝負に打って出た小沢氏。国民の生活のことまで考える余裕はなくて、議員たちが総選挙を乗り切ることが第一、じゃないか。きっと。

                       (仲)

                        戻る

« いじめと自殺の因果関係     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 原発論議で小細工するな     ~ゆうてもええかな~ »