« 次の原発再稼働の前に     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 小沢氏の離党時期     ~ゆうてもええかな~ »

2012年6月23日 (土)

沖縄・慰霊の日     ~ゆうてもええかな~

 6月23日、気象庁は沖縄地方の梅雨明けを宣言した。夏本番の日差しのもと『慰霊の日』を迎えた。67年前、アメリカ軍が沖縄に上陸し、苛烈な戦闘の末に失われたすべての死者を慰霊するための日。首相も列席して式典が行われた。
 首相はとんぼ返りで、永田町での多数派工作という泥の中に戻った。沖縄が抱える問題をそのままにして。
 普天間基地移転問題は、民主党政権が台無しにして、二進も三進もいかなくなった。そこへ米空軍の新型輸送機オスプレイを現地で組み立てて配備しようとして、また沖縄に押しつけかと反対の声が出たから、岩国基地で組み立て整備することで収拾しようとした。しかし6月13日、同じ機種がフロリダで訓練中に墜落事故を起こした。そんな危ねえモンはごめんだと、沖縄も岩国も反対するも、政府は計画変更せず配備を進めようとしている。米軍発表では機体の問題ではないと言うが、情報を開示した上で、改めて地元合意を得るのがスジだろう。
 また、沖縄は国境の地であって、中国が野心を持って東シナ海 をうろうろしている。これ、海上保安庁が警備するにしても、手薄に過ぎないか。東京都が購入しても、警備防衛は国の責任だ。北方領土も竹島も、主張するべきところは戦略をもって主張するべき。遺憾の意を表するだけでは国土は守れない。
 今月、ヤマト運輸が沖縄を国際物流拠点にして、年度内に台湾やシンガポールあたりまで翌日配達する予定と発表している。沖縄を物流のハブにする、即ち流通産業が育てば、沖縄振興に役立ちそうだ。くれぐれも、危険なモノを流通させないように、ご用心召されたい。

                        (仲)

                         戻る

« 次の原発再稼働の前に     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 小沢氏の離党時期     ~ゆうてもええかな~ »