« 円高対応は誰がする     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 沖縄・慰霊の日     ~ゆうてもええかな~ »

2012年6月16日 (土)

次の原発再稼働の前に     ~ゆうてもええかな~

 今週は大きなニュースが多い。オウム関連事件の高橋容疑者逮捕。6歳未満男児の法規程による脳死判定、臓器移植実施。消費税関連法案修正で与野党合意。
 その中で、大飯原発3・4号機の再稼働決定について考える。6月16日、野田総理は、福井県知事の同意を得て、大飯原発3・4号機の再稼働決定した。関係各所は即時に、再稼働へ向けての作業と、特別監視態勢の調整に入った。
 福島原発事故を受けて安全対策を求める世論が大きいし、実際に暫定基準で求められている免震事務棟や防潮堤整備などの未整備部分は、3年以内に完成させるという工程表の提出しただけ。これを根拠に安全だと言っても説得力に欠けると感じるのが普通だろう。
 その無理筋の大飯原発3・4号機再稼働を急いだのは、困る人の圧力のせいだろう。歳入が減る福井県、おおい町。仕事のない発電所従業員。発電コストが上がる電力会社。定期点検できないから減収になる発電機メーカー、下請け業者、作業時の宿泊・外食産業。電力不足で計画停電になったら生産に支障が出る企業。そして、原発再稼働のハードルが上がると困る電力会社。経産省も困る。利権が絡んでいる人、天下り先を懸念する人。
 新規建設が事実上無理だから、原子力事業関係は、官民共に、既存の原発で儲けるしかない。不利益を最小限にしたい声の後押しで、再稼働が決定した。次の再稼働は、北海道の泊原発、愛媛県の伊方原発が有力だ。
 想定外の災害、例えば直下型地震などが起こった場合、安全性を置き去りにした代償は、影響範囲も深刻度も途方もなく大きい。福島の事故をもう一度見つめ直して安全対策を考えて欲しい。次へと走る、その前に。

                          (仲)

                           戻る

« 円高対応は誰がする     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 沖縄・慰霊の日     ~ゆうてもええかな~ »