« 朝鮮ミサイル失敗後の危機、大飯原発安全宣言後の危機    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 金環日食を子供達に     ~ゆうてもええかな~ »

2012年5月12日 (土)

計画停電示唆の愚     ~ゆうてもええかな~

 体調が安定せず、また更新が遅れて、申し訳ない。
 筆が進まないうちに世の中が動いて、尖閣諸島の買い取り話だの、凄惨な交通事故だの、爆弾低気圧に竜巻だの、フランス政権交代だの、ギリシャ危機再燃だの、それから、それから……。
 電力関連も動いているが、予定通りの進行ではないか。大型連休中に北海道泊原発が定期点検のため運転を停止し、日本のすべての原発が停止状態になった。政府はまず大飯原発の再稼働に向けて、政府の安全宣言以降、経産省と関電とで地元への説明をしていたが、説明を受けた側からの疑問質問に回答することなく、夏場の電力需要の試算数値を小出しにし、電力が逼迫する場合には、計画停電もあり得る、と示唆している。
 まず一言。電力需給の数値を公表する際に『原発再稼働がない場合』という枕詞をつけるのは止めるべき。これを言い換えると、原発再稼働が前提だけどそうじゃない場合、と聞こえる。現状の原発は停止していて、再稼働の時期は未定。ならば現状を前提として、電力供給の算段をするべきではないのか。
 経産省に申し上げる。枝野経産大臣は、昨年夏の東電の計画停電実施を、官房長官として見ておられた。その混乱と影響の大きさはご承知のはず。同じことを、1年も経って繰り返す愚を、経済産業の責任者として是とされるのか。
 関電には、供給責任を問いたい。原発再開に年単位の期間を要する可能性は、自社が出した大飯原発安全対策の工程表に示されている。免震棟や防潮堤整備に2・3年かかる、その間の電力を工面しないで、足りないと騒ぐのは見苦しい。
 計画停電を言う前に供給努力をしなさい。それでも足りなきゃ、協力する。

              (仲)

               戻る

« 朝鮮ミサイル失敗後の危機、大飯原発安全宣言後の危機    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 金環日食を子供達に     ~ゆうてもええかな~ »